オーガニックフリークに朗報!ひかり味噌秋冬新商品、次々登場

ひかり味噌は、“自然の恵み、いただきます”をブランドコンセプトに掲げ30年以上、有機・オーガニック商品の開発に取り組むパイオニア企業だ。

7月12日、同社子会社が運営する「発酵と熟成」をテーマとした日本料理レストラン「GINZA豉KUKI」で、2019年秋冬新商品発表会が開催された。林善博社長は「オーガニックはライフワーク」と語り、自ら世界中を訪ね、生産者とコミュニケーションをとるなど、独自の手法で原料調達や販路開拓を行ってきた。

今年の秋冬商品は、有機JAS認定の即席みそ汁やあまざけほか、春に発売した次世代ベジタブルミート「HÄRKIS FINLAND 野菜のそぼろ」の増量タイプなど全17商品。安心安全でいて、日々の生活に取り入れやすい価格設定も特徴で、健康志向の高い層から多くの反響がありそうだ。

「有機そだちのおみそ汁」
有機白みそと赤みそを合わせたやさしくなめらかな味わいの即席みそ汁。具は有機とうふと有機ねぎを使用。化学調味料不使用。
「有機のあまざけ 」
有機米麹使用。アルコール0%、お米の自然な甘みを引き出し、さらりとした飲み心地が特長。

「今年度の売上は、前年比106%前後で着地する見込みで、市場の好感度の高さを実感しています。中でもみそ汁は優良株で、国内外で可能性を感じずにはいられません。差別化戦略が経営の道筋、今後も環境や社会に配慮した“サスティナブル”な商品づくりを進めていきたい」と力強く語った林社長。

この日は、「GINZA豉KUKI」の佐藤翔太料理長が腕をふるい、取材記者たちにビーガン和食を提供。5月に「ビーガンコース」を通常メニューに加えた同店、外国人のみならず日本人にも好評だ。「素材本来の味を大切に調理しています。ぜひ食事に来てください」と佐藤料理長。

GINZA豉KUKI
東京都中央区銀座5-9-16 GINZA-A5 4F
TEL03-3572-5433(要予約)
株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。