猫のひたいほどワイド「最古のおかず味噌 金山寺味噌」

毎月、レギュラー出演中のtvk「猫のひたいほどワイド」2019年8月22日の放送では、最古のおかず味噌「金山寺味噌」を紹介。金山寺味噌は、鎌倉時代から食べられている歴史ある味噌で、醤油のルーツにもなったとされています。

ノリノリで味噌の魅力を伝えてくれている、俳優の藤田玲さん。

作り方はとても簡単。金山寺麹に、塩、砂糖を混ぜたら、うりやなす、しょうが、大葉などを混ぜて仕込んだら完成。藤田さんが仕込んだ金山寺味噌、このあと40〜60日寝かせ、発酵熟成させます。どんな味に仕上がるか楽しみ!

金山寺味噌作ってみたい、という方は丸新本家さんで専用麹が注文できます。具材とか甘さとか自分好みにアレンジできるのも嬉しいですね。ぜひ、チャレンジしてみてください。

試食は、和歌山の郷土料理「茶粥」に金山寺味噌を添えて提供。出演者の皆さんに大好評で、生放送で時間ないのに「おいしい!」と言って、もりもり食べてくれました。

丸新本家さんの「具だくさん金山時味噌」は、まろやかな甘口で野菜の旨味たっぷり! わが家でも、あっという間になくなってしまうほど人気です。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。