目指すはバキバキbody?みそは私のプロティオス

日々朝から晩まで、みそのことばかり考えているミソガールですが、唯一、みそのことを考えない瞬間があります。それは、筋トレ中。正確にいうと、考える余裕がないので、必然的に頭が切り替わってリフレッシュになっています。1年前から、週1回通っています。

筋トレすると、体も頭もシャキッとし、体温も上がってますます体の調子がよくなりました。ミソガールは体力勝負。みそも、新聞も重いし、「みそは健康にいい」と伝えているため、風邪ひとつひけません! 最近は、パソコン入力も力強くなったような気が…。前からだろうとツッコミがありそうですが、「味噌プレス」の原稿も進んじゃって助かっています…(笑)。

「デッドリフト」(写真上)は、パワーリフティングの種目の一つで、バーベルを直立姿勢になるまで持ち上げるトレーニング。背中から下半身にかけての筋肉を効率的に鍛えることができるとのこと。トレーナーさんにフォームをチェックしてもらいながら、30kgのバーベルで10回×3セット。そのほか、腹筋、加圧して腕、足を鍛えるのがお決まりコース。

ジム後に大切なのが、たんぱく質の補給。たんぱく質は、カラダを構成している骨や筋肉、血液の材料となるほか、毛髪、皮膚などに欠かせない栄養素。そこで登場するのが、そう“みそ汁”です! 私は、納豆や豆腐をてんこ盛りにしたみそ汁を、プロテイン代わりにぐびぐび飲みますが、時間のないときはコンビニでも揃ってしまうので助かります。

「プロテイン」とは、「たんぱく質」のことですが、語源はギリシャ語の「プロティオス」で、“一番大切なもの”という意味だそう。みそは、私にとっての「プロティオス」であることは間違いない。いや、むしろ、みそは人類にとって貴重な「たんぱく源」(プロティオス)なのだ。

関連記事

  1. 手軽におうちで名古屋めし!マルチな味噌ダレ「献立いろいろみそ」

  2. ふくしまの酒まつりに向けて

  3. 東京駅「玉丁本店」さんの味噌煮込みうどんを食すの巻

  4. 焼きイモonみそバター

  5. I LOVE 味噌ぬかづけ

  6. 「フード・アクション・ニッポン アワード2015」最優秀賞