味噌伝道師MISODO(藤本智子)プロフィール

みそを愛し、みその素晴らしさを伝えているMISODO(藤本智子)です。私は以前、アパレル関係の仕事をしていましたが、当時は、おしゃれやダイエットにしか関心がなく、不摂生な生活を送る日々。結果、ひどい肌荒れと体調不良を経験することに。そこで食生活や生活習慣を180度転換し、体質改善をしていく中で、「本当に体によいものとは?」を模索していたところ、みそ研究の第一人者、広島大学の渡邊敦光名誉教授に出会い、みそに開眼。

「みそは若い女性の体や意識を変えるキッカケになる!」と実感し、2011年11月、ミソガールとして「365日味噌活宣言」、みその普及活動を開始しました(2019年MISODOに改名)。以来、どっぷりとみそにハマり、そのおいしさや楽しさ、可能性を実感。肌荒れもすっかり治り、風邪もひかない健康な体になりました。

出会う人々にみその話をすれば、不思議とみんなが笑顔に。これは、単なる調味料としての役割だけでなく、日本人の「心」である、何よりの証拠ではないでしょうか。これからも、おいしくて人を幸せにするみその魅力を伝えてまいります。

MISODOのDOには、=味噌度100%、味噌道を極める、DOアクションするの意味を込めています。

株式会社ミソド 代表取締役 MISODO(藤本智子)



【プロフィール】

1985年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011年「ミソガール」としてみその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」、「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。2016年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2019年5月にMISODOに改名。2016年株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会理事。みそまる考案。

【著書】

『みそまる』(宝島社)
『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア 』(二見書房 )
『みそまるおかず』(宝島社)
『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)
『いつか母になるために』(美健ガイド社)

【イベント・講演会実績】

ミラノ万博、伊勢志摩サミット、アジア開発銀行年次総会、 全国発酵食品サミット、 食育推進全国大会等、600回以上に渡るイベント出演実績。主な実績はコチラにまとめています。

【メディア出演】

テレビやラジオ等のメディア出演、新聞や雑誌などのコラム執筆や監修等、メディア出演・掲載実績は500回以上。主な実績はコチラにまとめています。

【受賞歴】

◆フード・アクション・ニッポンアワード2017 受賞
◆かながわビジネスオーディション2017 JEA賞
◆東久邇宮記念賞(2016)
◆フード・アクション・ニッポンアワード2015「食文化・普及啓発部門」最優秀賞
◆東久邇宮文化褒賞(2015)
◆フード・アクションアワード2014 入賞
◆フード・アクションアワード2013 入賞


株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。