コクのある赤みそと酸味が絶妙。愛知の酢みそそうめん

冷たいそうめんに甘酸っぱい赤みそ仕立ての酢みそをかけて食べる愛知県の郷土料理。

通常ぬた(酢みそ)には、白みそが使われるのが一般的ですが、赤みそと酢の相性も抜群。また、酢みそを麺にかけるのも珍しく、新感覚な味わいです。

酢みそは、みそ2:酢1:砂糖1の分量で合わせて、お好みで、しょうがやすりごま、ごま油を加えるだけで完成。

これからの季節におすすめの一品で、食欲のないときでも、スルッと食べられます。

赤みそといえば、名古屋ですよね。どこもかしこも、ミソ、ミソ、ミソ! みその聖地です。 

先日、出張で訪れたホテルのフロントでは、みそふりかけを発見。もちろん即買い。

いつか、みそでできているベッドが欲しいと願っています(人が重し代わり)。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。