上皇陛下も召し上がった 隠岐の焼きめし茶漬け

島根県の隠岐では、「焼きおにぎり」のことを「焼きめし」という。「焼きめし茶漬け」は文字通り、焼きおにぎりを茶漬けにしたものだ。三角形や丸形に握ったおにぎりに、しょうゆとみその中間的な役割を持つ隠岐の伝統調味料「こじょうゆみそ」を塗り、じっくりと焼き上げる。焼き上がったら器に盛り、梅干しやねぎなどの薬味を添え、アツアツの煎茶をかければ出来上がり。みその香ばしさが広がり、体がほっとあたたまる一品だ。

今年退位された上皇陛下が隠岐を訪れた際、召し上がったことでも有名な郷土料理。できれば本場の味を味わいたいが、自宅で食べる場合は、普通のみそでも代用できる。

取材協力:隠岐観光協会

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。