お盆に家族で食べよう「盆汁(七色汁)」

三重県の禅宗の家庭では、お盆のお供え料理として、「盆汁」がつくられる。別名の「七色汁」が示すように、7種類の野菜が入っている栄養満点の味噌汁だ。

盆汁の具材は、だつ(里芋の茎)、にんじん、ごぼう、枝豆、なす、油揚げ、かぼちゃなどがメジャーだが、地域や家庭などにより異なる。最近では、だつの代わりにみょうがを入れる家庭が多いとか。

また、「お盆の間に殺生はしない」という考えから、かつお節や煮干しのだし汁も使わないが、具材由来の“だし”が溶け込み、やさしい味わいに仕上がる。

故人が年一回家庭に帰るとされるお盆は、離れて暮らす子どもたちや孫が帰省するなど、一家団らんの機会。故人を思いながら、「盆汁」をつくってみてはいかが?

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。