サバ缶味噌汁

【材料(2人分)】
水…300ml
サバ缶(水煮)…1缶
味噌…大さじ2
ねぎ…適量


【つくり方】
①お鍋に水を入れ沸騰させる。サバ缶を汁ごと加え、食べやすい大きさに崩す。

②味噌を溶かし、ねぎを散らす。

※お好みでしょうがを加えても美味。

空前のサバブーム

昨年、日本の世相を反映した食を選ぶ「今年の一皿」(ぐるなび総研)で「サバ」が選ばれたことは記憶に新しい。最近では、素材やデザインにこだわった多彩なサバ缶が登場し、売り場を賑わせている。健康効果に加え、災害が多発し缶詰の重要性が注目されたことも大きい。

日本缶詰びん詰レトルト食品協会の発表によると、2018年はサバやイワシなどの水産缶は、前年比5.9%増の10.4万トンで、中でも「サバ」は、26.6%増の4.9万トンと大幅に増加するなど、人気の高さがうかがえる。サバの水煮を使ったサラダやパスタ、グラタンなど、多彩な料理に使われるようになり、サバ缶を使ったレシピ本なども多く出版された。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。