疲労回復に効果的?「クエン酸入り味噌」

写真はイメージです。

第二次世界大戦の頃、戦艦に積む味噌のカビよけに、クエン酸を混ぜたそうだ。すると、不思議とクエン酸入りの味噌を食べた兵士たちが元気になったという。この事実に着目した、東大名誉教授の秋山七郎博士が研究を進め、クエン酸、酢の主成分である酢酸、有機酸に、疲労回復効果があることを突き止めた。秋山博士は酢についてさまざまな研究を行い、偉大な功績を残している。

参考:『酢 至宝の調味料 2』(発行/アスペクト)、『酢の機能と科学』(発行/朝倉書店、編/酢酸菌研究会)

酢と味噌の特集はコチラ

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。