【超簡単!手作り味噌キット】手軽にオシャレに手前味噌「HAND made MISO」

手作り 味噌

忙しいけど、暮らしも充実させて楽しみたい!というオトナ女子のための手作り味噌キット「HAND made MISO」が新発売!

すきま時間でサクッと仕込めて、驚くほどスマート! 用意するものは最低限で、台所も汚しません。少量の約2kg仕上がりで、初めての方にもおすすめです。

通常、蒸し大豆や生麹は使用期限が短いですが、冷凍便でお届けするため賞味期限が約1か月あります。仕込み日の決定は前夜でOK! 一晩冷蔵庫で解凍し、翌日に仕込んでください。

手作り味噌は、作る、待つ、食べる…!さまざまな楽しさが詰まっています。美味しい味噌ができたら、家族やお友だちに自慢しちゃいましょう。

HAND made MISO

面倒な手間をマルっと解決!なのに素材は本格派!

✔ 大豆はプロが“絶妙な蒸し加減”でお届け

手作り味噌の要となるのは、ズバリ「大豆の煮加減」で、これを失敗してしまうと美味しい味噌ができません。通常、大豆は一晩水に浸けて、煮るのに4、5時間かかります。そこで、大豆は、プロが絶妙な蒸し加減でお届け! 大幅に時間が短縮されるだけでなく、失敗もなく、煮るより蒸すことで味も濃厚に仕上がります。

✔ 手軽だけど素材は本格派。さらに「種味噌」付き!

大豆と米は国産、塩は天日塩という贅沢な原料を使用しています。手作りするのだから、どうせなら素材にもこだわりたい!というニーズにもお答えします。さらに「種味噌」を入れることで発酵菌の供給源になり、より風味よく仕上がります。

✔ 容器や重石、消毒不要!便利なバルブ付きラミジップ

写真はイメージです。

熟成中に酵母が活動し、ガス(二酸化炭素)を出しますが、本製品の袋には、ガス抜き用の特殊なバルブが装着されています。幅をとる容器や重石、消毒も不要! かわいいロゴマーク付きでスタイリッシュ!

3STEP、30分で仕込み完了!

※下処理(大豆を温める時間を除く)。下記おおまかな流れです。

STEP1 大豆をつぶす

 

蒸し大豆を袋のまま中火で10~15分程度温めます。触れるくらいの熱さになったら、袋のまま手でつぶします。袋が破れないようほどよい力の入れ加減がベストです。

STEP2 混ぜる

米麹と天日塩を混ぜて「塩切り麹」を作ります。続いて、つぶした大豆と種味噌を混ぜて、ある程度混ざったらぬるま湯を加えてさらに混ぜます。

STEP3 仕込む

両手に収まるくらいの量をとり、ボール状にしてぎゅっぎゅっと空気を抜き、容器の底に押しつけるように詰めます。これを繰り返して、すべて詰め終えたら仕込み完了です!

商品の詳細は、ECサイトをご覧ください。

関連記事

  1. 個性豊かな5地域のみそを徹底分析!「みそ焼きおにぎり」食べ比べレポートが興味深い

  2. 農水省「Let’s! 和ごはんプロジェクト」の幕開け

  3. 新感覚フレーバー「みそジャム」

  4. 海のフォアグラ「 あん肝のみそ漬け」 

  5. ミランダ・カーコラボ新商品「マルコメ オーガニックみそパウダー」

  6. トマト×みその相性抜群 ハナマルキ「トマみそ汁シリーズ」