書籍

味噌汁は大事な一杯「御御御付」に込められた心

今では使う人も少なくなってしまったが、「御御御付」とは、室町時代、宮中に仕える女房たちが使った「女房言葉」に由来するとされる味噌汁の丁寧語だ。言葉を丁寧にする「御」を 3 つ重ねた言葉は、「御御御付」以外にはなく、先人たちが味噌汁をどれだけ大切にしていたかが...

『だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!(1)』

愛知県豊橋市に引っ越してきた女子高生・国元ほのか、が主人公。先輩との交流を通じ、豊橋の文化や魅力を知っていくストーリーだ。 地元民には「あるあるネタ」で親近感がわき、県外者には新しい発見の連続。ご当地マンガが話題になりそうだ。 愛知といえば味噌。...

発酵ファン必読『マンガで読む発酵の世界』

酒、塩麹、味噌、醤油、ぬか漬け、甘酒などの発酵食品を、微生物を擬人化したユーモアたっぷりな4コママンガで紹介。インパクトあるイラストや独自の表現方法も見どころだ。 身近な食材だが、 あまり知られていない発酵のメカニズムや豆知識も学べて、毎日の食事がもっ...

渡邊敦光先生の新刊発売「1日2杯のみそ汁で健康寿命を延ばす!」

味噌プレスにも連載中の渡邊敦光先生の長年の研究がわかりやすくまとめられているほか、健康的な家庭料理を得意とする浜内千波先生が、手軽につくれるみそ汁やみそ料理のレシピをたっぷり紹介。下ごしらえのポイントなどもわかりやすく、すぐやってみたい!と思うものばかりでし...

『サバ缶みそ汁でスルッとやせる!病気が治る!』

「サバ缶みそ汁」の健康効果を医師や料理家が解説した一冊。味噌の栄養価の高さに、EPAやDHAといった良質な油が含まれるサバを合わせれば最強のレシピに。生活習慣病や認知症の予防ほか、ダイエットやアンチエイジングにも効果が期待できるという。「サバ缶みそ汁」を常食...

にんにく+たまねぎ+みそ!? 料理研究家・村上祥子先生が提唱する『みそ玉』

料理研究家の村上祥子先生は、ちゃんと食べてちゃんと生き生涯現役で過ごす「食べ力®」を伝えたいと、国内外で料理教室や講演活動を行ってきた。これまで出版した著書は400冊を超え750万部にのぼり、講演会は3100回(1985年~2019年) 、講習会は6500回...

大手前大学×六甲味噌 マンガで伝えるみその魅力

大手前大学(兵庫県西宮市)のメディア・芸術学部学生が、マンガを通じてみその魅力を紹介しようと、特製のリーフレット「おみそ再発見」を約1年かけて完成させた。ユニークなキャラクターたちが、みその成分や効用、料理例を、マンガでわかりやすく紹介している。 産学...

腸の名医に教わる『やせるみそ汁』

テレビや雑誌など、メディアで引っ張りだこの腸の名医・ 小林弘幸教授考案のみそ汁を活用したダイエット方法を紹介。「血糖値が急上昇すると、余分な血糖が脂肪になる。だから、血糖値を上げない食べ方をすればいいだけ」 と説く。 イラストレーターの田中ひろみさん自...

『医者が考案したがん・病気をよせつけない最強の一汁一菜』

「長生きみそ汁」で話題、自律神経の名医・小林弘幸氏の著書。「一汁一菜」とご飯(もち麦ごはん)が、長生きのための最強メニューと太鼓判を押す。発酵食を継続的にとることで、自律神経のバランスが整い、腸内環境の改善、生活習慣病の予防、老化防止などが期待できる。 ...

『最強のみそ汁』

長尾クリニックの長尾和宏院長監修。「みそ汁ファーストが健康長寿を叶える」と題し、医師の視点でわかりやすく解説。みそ汁レシピは、効能別で紹介。みそ汁と一緒に食べることで、健康効果がさらに上がる食材なども同時掲載。健康長寿を叶えるみそ汁の楽しみ方や活用法が満載だ...