ホーム学ぶ

学ぶ

【基礎編】味噌の種類を徹底解説!産地による分類

味噌の原料は大豆・麹・食塩と、とてもシンプルですが、一口に味噌といってもたくさんの種類があります。原料や配合、環境、水質、微生物の働きなど、さまざまな条件が複雑に関わり合うことで、全国津々浦々、個性豊かな味噌がつくられているのです。 味噌には、原料、色...

【基礎編】味噌の種類を徹底解説!味による分類

味噌の原料は大豆・麹・食塩と、とてもシンプルですが、一口に味噌といってもたくさんの種類があります。原料や配合、環境、水質、微生物の働きなど、さまざまな条件が複雑に関わり合うことで、全国津々浦々、個性豊かな味噌がつくられているのです。 味噌には、原料、色...

【基礎編】味噌の種類を徹底解説!色による分類

味噌の原料は大豆・麹・食塩と、とてもシンプルですが、一口に味噌といってもたくさんの種類があります。原料や配合、環境、水質、微生物の働きなど、さまざまな条件が複雑に関わり合うことで、全国津々浦々、個性豊かな味噌がつくられているのです。 味噌には、原料、色...

【基礎編】味噌の種類を徹底解説!原料による分類

味噌の原料は大豆・麹・食塩と、とてもシンプルですが、一口に味噌といってもたくさんの種類があります。原料や配合、環境、水質、微生物の働きなど、さまざまな条件が複雑に関わり合うことで、全国津々浦々、個性豊かな味噌がつくられているのです。 味噌には、原料、色...

【味噌をつける】の意味や由来、使い方を解説!

【味噌をつける】の意味とは 味噌ディップ? おかず味噌? いえいえ、今回ご紹介するのは、慣用句の「味噌をつける」で「しくじる」「失敗して面目を失う」という意味です。 慣用句とは、二語以上の単語が結合してある特定の意味を表したものですが、味噌にまつ...

「ごはんと味噌汁」に戻ろう。健康への近道は、味噌がミソ

日本人は戦後、食生活の欧米化で肉や乳製品など、高脂肪分を多く摂るようになり、食物繊維の摂取量が少なくなりました。ここまで急激に食生活が変化した国は日本以外にはないと思いますが、結果、大腸がんや乳がん、前立腺がん等の西欧的ながんや、その他の生活習慣病が増加しま...

肥満は万病の元 みそのコレステロール低下作用

健康づくりにおいて、「肥満予防」は重要な位置づけを持ちます。肥満度の判定にはBMIが用いられますが、同じBMIでもどこに脂肪がついているかで健康への危険性は大きく異なります。 肥満のタイプは「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」に分けられ、前者のほうが...

みそや大豆製品に血糖値を下げる効果!? 糖尿病予防にみそを

すい臓から分泌されるホルモンの一つであるインスリンがうまく働かず、血糖値(血液中の糖度)が高い状態が続くことによって引き起こされる「糖尿病」。年齢を問わず、若い人でも発症の可能性があるので注意が必要です。 初期段階の自覚症状は比較的軽く、のどが渇く、尿...

妊娠中から始まる子育て 味噌汁で子どもの睡眠不足解消!?

人は毎日決まった時間に起床・就寝するなど、ある一定のリズムで生活をしていて「概日リズム」(体内時計のこと)と呼ばれています。「概日リズム」は、光を浴びる時間帯や食事などの影響を受けて、乱れることが知られています。幼少期の睡眠は、体の発達に大きく影響を与えるの...

味噌汁の香りを逃がさずべし! 煮えばなで召し上がれ

味噌の味は、甘・辛(塩)・酸・苦・旨とさまざまな風味が複雑に絡み合い、絶妙な味わいを醸し出している。味噌の「噌」は、「かまびすしい」の意で、「がやがやうるさい=うるさいほど味が豊か」を表しており、味噌と「御塩噌蔵(おえんそぐら)※」にしか使われない特別な漢字...