『だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!(1)』

愛知県豊橋市に引っ越してきた女子高生・国元ほのか、が主人公。先輩との交流を通じ、豊橋の文化や魅力を知っていくストーリーだ。

地元民には「あるあるネタ」で親近感がわき、県外者には新しい発見の連続。ご当地マンガが話題になりそうだ。

愛知といえば味噌。八丁味噌の使い方や魅力、アレンジ方法ほか、みそまるも登場する。

だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!(1)

発行/竹書房、著者/佐野妙

関連記事

  1. 六甲味噌製造所

    大手前大学×六甲味噌 マンガで伝えるみその魅力

  2. 最強の一汁一菜

    『医者が考案したがん・病気をよせつけない最強の一汁一菜』

  3. 新しいみその魅力に出会える本『味噌汁専門店の具だくさん味噌汁100』

  4. 食べるべき食材が一目瞭然 『今あるがんを消すスープと味噌汁』

  5. 『サバ缶みそ汁でスルッとやせる!病気が治る!』

  6. 子どもの読み聞かせに『ひろくんとオバケとはっちょうみそ』