【#夏みそ汁】叩き長芋ときゅうりの冷やしみそ汁

\こんな時におススメ/

・暑さで体が火照る、熱がこもる時に、水分やカリウムが豊富なきゅうりが体をクールダウン
・茗荷が食欲を促進してくれるので、暑さで食欲のわかない時に◎
・海藻(わかめ)はミネラル豊富なため、たくさん汗をかいた時に◎


(2人分)
長芋…150g
きゅうり…1/2本
みょうが…1個
乾燥わかめ…2g
水…200ml
顆粒だし…小1/2
味噌…大1
氷水…200ml

①長芋は皮を剝いて適当に切る。ポリ袋に入れ、めん棒で形が残る程度に叩く。きゅうりとみょうがは小口切りにする。

②耐熱ボウルにわかめ、水、顆粒だしを入れる。ふんわりラップをかけ、600Wのレンジで1分加熱する。

③味噌を溶き入れ、氷水を加えて混ぜる。

④器に1を入れ、3を注ぐ。


【このレシピの考案者】

Mizuki(料理ブロガー・料理研究家・スイーツコンシェルジュ)
レシピブログアワード3年連続総合グランプリ受賞。LINE OF THE YEAR 2018 話題賞受賞。企業のレシピ開発、雑誌、TV、WEBメディアで活動中。簡単・時短・節約をコンセプトにレシピを制作している。
株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。