活躍の場を、台所から食卓へ 鶴味噌「MISO TUBE」

キャッチーなネーミングの「鶴味噌さんのMISO TUBE 合わせ味噌」は、2種類の味噌と3種類のだしをブレンドした、風味豊かな液状みそだ。九州を代表する甘口ベースの味噌に、深みのあるだしが効いた本格風味。

お椀に本品20gと、お好みで乾燥わかめや油揚げなどを入れ、熱湯150ccを注ぎ混ぜるだけで、絶品味噌汁が完成! 冷奴や焼き魚、温野菜にかけたり、完成した料理にちょい足ししたりと、アイデア次第で、楽しみ方は無限に広がりそうだ。

商品誕生のきっかけは、2015年に福岡県柳川市の特産品を生活者とともにつくり上げる「やなが『わ!』プロジェクト」(主催:柳川市、企画:Blabo)に参加したこと。

一般消費者から、味噌の活用アイデアやネーミングを公募、そこからリニューアルを経て、2020年4月にプレ販売、6月からいよいよ本格販売のスタートだ。

開発にあたり、「いつもテーブルにあり、何にでもつけて食べられるものが欲しい」という声がヒントになった。

調理に使うイメージが強い味噌だが、用途を広げるため、チューブタイプの味噌の開発に着手。だが、チューブ容器に合った味噌の粘性と風味、品質保持の点で、納得のいく商品完成までに、相当の時間を要することに。

液状にするため、味噌に水分を入れることで失われる旨味をどう補うか。薄まることで保存期間も短くなるため、品質をいかに保つかが最大の課題。何度も試作を重ね、ようやく自信作に仕上がった。

「食卓に塩や醤油はあっても、味噌を置いている家庭は少ないでしょう。味噌の新たな楽しみ方を知っていただき“気づけばいつもそばにいる”そんな存在になれたらうれしいです」と、開発担当の熊丸春輝さん。

台所から食卓へとステージを広げたチューブ味噌。今後の反響に期待が高まる。お求めは、インターネット等で。

【鶴味噌醸造】
福岡県柳川市三橋町江曲216
TEL0120-37-2166

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。