活躍の場を、台所から食卓へ 鶴味噌「MISO TUBE」

MISO TUBE

キャッチーなネーミングの「鶴味噌さんのMISO TUBE 合わせ味噌」は、2種類の味噌と3種類のだしをブレンドした、風味豊かな液状みそだ。九州を代表する甘口ベースの味噌に、深みのあるだしが効いた本格風味。

お椀に本品20gと、お好みで乾燥わかめや油揚げなどを入れ、熱湯150ccを注ぎ混ぜるだけで、絶品味噌汁が完成! 冷奴や焼き魚、温野菜にかけたり、完成した料理にちょい足ししたりと、アイデア次第で、楽しみ方は無限に広がりそうだ。

商品誕生のきっかけは、2015年に福岡県柳川市の特産品を生活者とともにつくり上げる「やなが『わ!』プロジェクト」(主催:柳川市、企画:Blabo)に参加したこと。

一般消費者から、味噌の活用アイデアやネーミングを公募、そこからリニューアルを経て、2020年4月にプレ販売、6月からいよいよ本格販売のスタートだ。

開発にあたり、「いつもテーブルにあり、何にでもつけて食べられるものが欲しい」という声がヒントになった。

調理に使うイメージが強い味噌だが、用途を広げるため、チューブタイプの味噌の開発に着手。だが、チューブ容器に合った味噌の粘性と風味、品質保持の点で、納得のいく商品完成までに、相当の時間を要することに。

液状にするため、味噌に水分を入れることで失われる旨味をどう補うか。薄まることで保存期間も短くなるため、品質をいかに保つかが最大の課題。何度も試作を重ね、ようやく自信作に仕上がった。

「食卓に塩や醤油はあっても、味噌を置いている家庭は少ないでしょう。味噌の新たな楽しみ方を知っていただき“気づけばいつもそばにいる”そんな存在になれたらうれしいです」と、開発担当の熊丸春輝さん。

台所から食卓へとステージを広げたチューブ味噌。今後の反響に期待が高まる。お求めは、インターネット等で。

【鶴味噌醸造】
福岡県柳川市三橋町江曲216
TEL0120-37-2166

関連記事

  1. にんにく+たまねぎ+みそ!? 料理研究家・村上祥子先生が提唱する『みそ玉』

  2. 日本一の味噌が決定!第58 回全国味噌鑑評会

  3. 第62回 全国味噌鑑評会「日本一の栄光は誰の手に?」

  4. キモかわ「オカザえもん」発 本格レシピが満載

  5. みそぱーく 蔵

    味噌ファン必訪のテーマパーク「みそぱーく」

  6. 世界一カンタンな味噌作り!『からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟』