浅草の新たな“味噌スポット”あさくさ 味噌らぼ

「あさくさ 味噌らぼ」(運営:株式会社サードプレイス)は、“味噌の可能性を提案する”をテーマにした味噌の専門店。全国から厳選した味噌の量り売りや味噌の加工品、系列の味噌料理専門店で提供している惣菜などを販売しています。また、食育ワークショップやイートインのスペースも併設されていて、新たな“味噌スポット”として注目されています。

味噌で旅をしているような感覚を!

味噌の量り売りは、全国の味噌蔵から厳選した約30種類を取り扱っていて、いろいろな味噌を試せるように100gから購入可能。朝は北海道の味噌汁、夜は九州の味噌汁というように、毎日旅をしているような感覚を楽しんでもらいたいという願いが込められています。

また、同店イチオシのオリジナル合わせ味噌は、みそソムリエの資格を持つ料理長が独自にブレンドした4種類。味噌の特性を生かし、用途別に風味や香りを楽しめるように考えられています。

白雪 -煮込み用-

米麹をたっぷり使った京都の白甘味噌と、シンプルで香り高い信州味噌を鍋用にブレンド。煮込み料理に最適です。

赤山 -赤だし用-

米味噌に豆味噌を加えた赤だしは、すっきりとした口当たりが特徴。味噌汁はもちろんのこと、田楽や煮魚、味噌だれにもオススメ。

茶々 -味噌汁用-

北アルプスの清らかな伏流水がつくり上げた米味噌に、すっきりとした味わいで香り高い信州味噌をブレンド。麹の粒感を楽しめるのも魅力の一つ。

力丸 -野菜ディップ用-

キリッとした風味の仙台味噌と、長期低温熟成でコクと深みのある信州味噌をブレンド。雑穀も加えて、栄養価も高い一品に。

人気のデザート「味噌プリン」

人気デザートの「味噌プリン」は、「大江戸甘味噌プリン」「豆乳はちみつ白味噌なめらかプリン」「焦がし醤油甘味噌プリン」の3種類。生クリームや牛乳、卵、酒、みりんなど、シンプルな原材料でつくられているのも嬉しいポイント。味噌のほのかな塩味と自然な甘味とコク、なめらかな口当たりが特徴です。味噌特有の自然な甘みとコクが加わり、独自の製法によりなめらかな口当たりを実現。

お取り寄せグルメを題材とするテレビドラマで紹介されたことで、大きな反響がありました。一度食べるとやみつきになるおいしさです。

おいしい流動食、ゼリー状の味噌汁

澄んだゼリー状の味噌汁「出汁入り 味澄汁」は、祖母の介護を経験したという同社代表の岩本大さんの体験談からヒントを得て商品化。鰹と昆布の出汁に白味噌、麦味噌、赤味噌を加え、独自の製法で何日もかけて上澄みを濾してつくられます。流動食しか食べられない要介護の方にも、毎日おいしい喜びを感じてもらえるようにと開発されました。シンプルなプレーンタイプほかズワイ蟹や九州地鶏など、計6種類の味わいがあります。

介護用としてだけでなく、出汁の代わりに料理に足したり、ドレッシング代わりに使ったりできて便利な一品。塩分補給や二日酔いなどにもオススメです。また、「出汁入り 味澄汁」を高温高圧殺菌した「出汁入り 保みそ汁」は、長期保存が可能で、塩分補給や防災食としても活用ができます。

味噌の可能性を提案

「時代と逆行しているかもしれませんが、対面で量り売りをする楽しさを従業員一同実感しています。そして、ECサイトを充実させることで、近隣の方はもちろん遠方の方にも味噌の素晴らしさを伝えていけるような基地を目指しています。みそソムリエが集まる当店ならではのオリジナル商品を、今後もたくさん開発していきたいです」と笑顔で語る岩本社長。

また、「あさくさ 味噌らぼ」では、味噌づくり体験やレトルト食品づくり体験、ぬか漬け体験など、子育て中のママ社員がさまざまなワークショップを開催。味噌ファン“必訪”の注目のスポットです。

【あさくさ 味噌らぼ】
東京都台東区浅草6-22-7 1F
TEL/03-5808-9866

文/秋山昭代

関連記事

  1. 【ご当地味噌グルメ】白いごはんが止まらない ジューシーな「厚木とん漬」

  2. 仰天!居酒屋・兆治の看板メニュー「味噌サワー」

  3. 【ご当地味噌グルメ】シンプルなのに激うま!秩父に伝わる「みそポテト」

  4. 【味噌の店】幻の焼酎とみそ焼鳥「髙庵TOKYO 東京・新宿三丁目」

  5. 糀屋川口・川口恭さん「自分の目で見て納得することを大切に」

  6. 麹屋もとみやの直売店「SHIMONO528」がリニューアルオープン!