関東大震災味噌が人々を救った

1923(大正12)年9月1日11時58分に発生した「関東大震災」。相模湾を震源地とするマグニチュード7.9 の大地震は、東京、神奈川を中心に甚大な被害をもたらした。地震発生時刻が昼食の時間帯だったことや台風による強風の影響で、死者10万5000人のうち、9割近くが火災で命を落としたという。被災地では、地震発生日の夜から食料確保や炊き出しなどを進めたが、被災者全員に行きわたるほどの量はなく、国内外から義援金や救援物資が続々と送られた。

当然のことながら、関東エリアの味噌製造業者も壊滅的な打撃を受け、当時の食生活に欠かせない味噌の供給が断たれてしまった。そのピンチを救ったのが「信州味噌」「越後味噌」「佐渡味噌」だ。

明治から大正にかけ長野では、設備の拡大と機械化によって、すでに味噌の大量生産が行われていた。関東への移出が増えていたこともあり、すぐに救援物資として「信州味噌」が被災地へ送り込まれた。信州味噌は淡白で上品な味わいと東京人に好評で、人々の心を癒しファンが増えた。以来、信州味噌は関東地方に定着し、現在、全国の味噌出荷量のおよそ50%を占めるほどに、市場を拡大した。

好評だった理由の一つに、当時の東京近郊の味噌は短期間につくり上げる「速醸」であったのに対し、信州味噌は豊かな風味に仕上がる「天然醸造」であったことが挙げられる。信州は湿度が少ない冷涼地で、昼夜の温度差が大きい風土が醸造に最適とされる。

「越後味噌」は、米麹粒の残った「浮き麹味噌」が主流だ。はじまりは、戦国時代に上杉謙信が北条氏を攻めて、上総、下総方面に入った際、野田地方で味噌のつくり方を兵に習得させ越後の農民に伝えたことによる。越後には豊富な大豆と米と塩があったため、その後、多くの味噌製造業者が誕生した。関東大震災の際は、業者が協力し合い大量の味噌を東京へ。これを契機に、取引の基盤ができ、越後味噌は、一躍名を知られることとなった。

同じ新潟県といえど、まったく違う気候や独自の文化をもつ「佐渡」では、長期熟成型の米赤味噌(こし味噌)が主流で、重厚な香りが特長だ。同様に、救援物資となったことをきっかけに関東地方にも出荷が増えた。今のように物資が豊かでなく、インフラも整っていなかった時代の未曾有の災害。味噌は、単に栄養源としてだけでなく、人々の心の支えになったのだろう。

味噌は多めにストックを!

政府の地震調査委員会の発表(2014年)によると、首都直下地震が起こる可能性は「今後30年で70%」。最近は震度5クラスの地震も多発しており、いつ何が起きてもおかしくない状況だ。

日頃から備えや意識を持つことで、災害時の混乱を防ぎ、被害を最小限に抑えることができる。特に食事の確保は重要課題であるが、保存食で栄養価にすぐれた味噌は、災害時に大活躍。「東日本大震災」では、物流の混乱等により、満足に食料調達できたのは3日目以降だったという地域や、電気や水道の復旧に1週間以上もかかった地域もあったという。ライフライン(電気、ガス、水道)が停止する場合を想定し、水と食料、熱源(カセットコンロ等)は、最低3日分、できれば1週間分は備蓄したいもの。飲料水や調理に使う水は、1人1日約3ℓ(湯せん、食器洗浄水は別)が目安とされる。

備蓄する食料品は、「主食(炭水化物)+主菜(タンパク質)」の組み合わせを考えることが大事。そう、まさに、ごはんと味噌汁だ。パンやおにぎりが多い被災生活で、温かい味噌汁や豚汁が食べられたらどんなにうれしいことだろう。普段から、少し多めに食料品(味噌)を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していく「ローリングストック=日常備蓄」を習慣化することが賢策だ。

参考:『みそ文化誌』(発行/全国味噌工業協同組合連合会・中央味噌研究所、編集/みそ健康づくり委員会) 、『緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド(平成26年)』(発行/農林水産省大臣官房政策課食料安全保障室)

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。