祝・鳥取でみそ屋を開業! 藤原みそこうじ店

藤原みそこうじ店

藤原啓司さんは、1986年生まれの32歳。昨年秋、鳥取県にみそを製造販売する「藤原みそこうじ店」を開業した。大学時代に民俗学を勉強していたこともあり、当時から、人々の生活に根付いた農業や発酵文化に関心があったという。

藤原みそこうじ店

大学卒業後は、農業に携わったり、京都の老舗みそメーカーでみそづくりの修業を重ねたりしていたが、自分の思うままのみそづくりをしたいと考え、一念発起で起業。豊かな自然ときれいな水に恵まれた、鳥取県若桜町を新しい挑戦の場として選び、昨秋より製造を始めた。寒暖差もあり、みその熟成には最適だそう。原料は、地元産の無農薬の米と大豆を中心に、塩はミネラル豊富な沖縄の海水塩を使用。氷ノ山系の良質な天然水で仕込み、天然醸造でじっくりと時間をかけてつくる。できたみそは、甘味の中にうま味も感じられ、香り高いフルーティーな味わいだ。

藤原みそこうじ店

「多くの方に支えられ、ようやくスタートラインに立てました。何気ないいつものみそ汁を、特別な一杯にすることが目標。今はつくれる量に限界がありますが、もっとよい麹、もっとよいみそを追求していきたい」と藤原さん。

藤原みそこうじ店

ゆくゆくは原料調達まで自社で行いたいとの思いから、無農薬で大豆栽培にも取り組んでいる。多くのみそメーカーが廃業していく中、新たにみそメーカーを立ち上げる若者が出てきたということで、業界内外で注目が集まっている。

【藤原みそこうじ店】
鳥取県八頭郡若桜町若桜799-2
TEL/0858-71-0485

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。