手前味噌ワールドに新しい風

「みそ、みそ、みそ、てまえみそっ♪」と一度聴いたら忘れられないメロディーと、アニメ「だいずシスターズ」「はっこうきょうだい」のキュートな味噌ダンスが大人気の『てまえみそのうた』。仕掛人は、山梨県甲府市にある味噌蔵、五味醤油六代目の五味仁さんと、合同会社++小倉ヒラクさん。どうしたら味噌仕込みの楽しさをわかりやすく伝えられるかと考えた末に誕生。作詞作曲・うたは、森ゆにさん。NHK テレビ「きょうの料理」で放映後ブレイクし、今や全国各地の味噌仕込みの会で使用されている。

甲府では、米麹と麦麹半々をミックスした甲州味噌が愛されている。盆地で斜面が多く稲作には適さないため、米が貴重で米麹に麦麹が混ぜられるようになり、まろやかで飽きのこない甲州の味を築いた。ほうとうは、太麺と甲州味噌が決め手。具だくさんでヘルシーな郷土の味だ。

けれども「てまえみそのうた」は甲州味噌だけが主役ではない。サビのフレーズ「うちの数だけみその味♪」には、地域に根付いた手前味噌をつくることで、それぞれが「うちの味」を誇りにし、手前味噌文化が広がることを願っている。

五味さん自身も、手前味噌教室を頻繁に開催。「去年の味噌は美味しかった!と言われるのが、最高にうれしい瞬間。手前味噌人口が、どんどん増えたらいいですね」と笑顔で語った。大変と思われがちな味噌づくりだが、実はとても簡単。しかも美味しくて楽しいといいことづくめ。手間をかけることの大切さ、「いただきます」や「ありがとう」という現代人が忘れかけていた大切な心に気づかせてくれるきっかけにもなる。皆さんも、ぜひ手前味噌づくりを!

「てまえみそのうたDVD つき」
作:小倉ヒラク&コージーズ
発行:農山漁村文化協会

Temae Miso no Uta, sung by Yuni Mori, is a popular song which explains the process of making miso with a fun melody, animation and dance. The trendsetters are Hitoshi Gomi from Gomi Miso and Hiraku Ogura from + + LLC. It caught on after being broadcast by NHK. Since then it’s been played across Japan at events where people learn how to make miso. They hope the song will motivate more people to make miso and to be proud of the uniqueness of handmade miso.

関連記事

  1. 野呂食品・野呂雄弘さん「適正価格で良い納豆を!」

  2. 幻の味を後世へ 珠洲伝統の味「ぶり味噌」

  3. マルコメ2020年春夏新商品発表会 みそアイテムも続々登場!

  4. 日本中が涙したベストセラー「はなちゃんのみそ汁」が 映画化!

  5. 2019年の注目は? 「トレンド鍋®」は “発酵鍋”

  6. 日本一の味噌が決定!第58 回全国味噌鑑評会