【ご当地味噌グルメ】常備菜に便利!富山「よごし」

富山県で愛される郷土料理「よごし」は、大根の葉やナスなどの野菜をゆでて細かく刻み、みそで和えたもの。ごはんに合うおかずとして県民に愛され、日常的に食されているそうです。なんともインパクトのある名ですが、その名の通り、みそで野菜を「汚す」という意味で「よごし」となったといわれています。

最もポピュラーなのは大根の葉だそうですが、具材となる野菜はその地域や家庭によりさまざま。ちょうど、厚木の畑で大根を収穫させていただいたので、久しぶりにつくりました。

つくり方は、大根菜などの野菜をさっと茹でて、しっかり絞って細かく刻み、ごま油でさっと炒め、みそ、酒、みりん、砂糖を加える。最後にごま油を回し入れて完成。お好みですりごまを入れても美味!時間があるときにまとめてつくっておくと、時間がない朝やお弁当にも重宝しますよ!

関連記事

  1. 【ご当地味噌グルメ】石川県能美郡川北町の名物「かわきた味噌豚どん」

  2. 【ご当地味噌グルメ】甘~いみそダレ上州名物「焼きまんじゅう」

  3. 【ご当地味噌グルメ】情緒あふれる囲炉裏料理 熊本「高森田楽」

  4. 酢みそでパクリ、熊本名物ひともじのぐるぐる

  5. 【ご当地味噌グルメ】太宰治も好んで食べた下北のご当地グルメ「みそ貝焼き」

  6. 【ご当地味噌グルメ】おかず?おやつ?「落花生みそ」