【ご当地味噌グルメ】ぷりぷりコラーゲンたっぷり「博多みそモツ鍋」

味噌もつなべ

ラーメン、明太子、水炊き…、食通にはたまらない食の楽園、博多。中でも欠かせないのが、「モツ鍋」だ。地元ではみそと同様に、「医者いらず」と呼ばれるほどスタミナ満点料理として親しまれてきた料理。ニンニクの効いたスープにプルンプルンのモツとキャベツやニラが絡み合い、絶妙なハーモニーを醸し出す。みそ味、しょうゆ味が、主流になっている。

「みそモツ鍋」のはじまりは諸説あるが、牛の内臓独特のクセや臭みをなくすために、しょうゆやみそで味付け、さらにニラやキャベツ、ニンニク、唐辛子などを加え、本場、博多の味ができた。シンプルな味付けだからこそ、素材にこだわるのが博多流。みそは数種類をブレンドするのがプロの技。鮮度が命のモツは、専門店で食べるのがおすすめだ。甘口、辛口、すっきり、こってり…店により個性があるので、そのつど違うテイストを味わうのも楽しい。モツを堪能したあとは、もちもちのチャンポン玉を投入して〆るのがお決まり。みそモツ鍋は、ボリューム満点なのにカロリー控えめ。コラーゲンもたっぷりだから、美容や健康に関心の高い女性たちに愛されている。

Motsunabe, a local dish of Hakata, is hot pot made with offal, vegetables, and miso, which is low in calories yet filling andnutrition packed.

関連記事

  1. 結婚50周年を祝う縁起物花巻名物「金婚漬」

  2. 舐め味噌を焼酎のアテにと詠う 鹿児島県出水市の開墾碑

  3. 【ご当地味噌グルメ】加古川ギュッとメシ!

  4. 【ご当地味噌グルメ】高知の郷土料理ボリュームMAXみそカツラーメン

  5. 【ご当地味噌グルメ】盛岡魂、炸裂食し方に極意あり「盛岡じゃじゃ麺」

  6. 【ご当地味噌グルメ】愛知県豊橋「菜めし田楽味噌」