長崎・さざなみ保育園で親子食育講座

長崎県佐々町にある「さざなみ保育園」では、地産地消の食育活動を積極的に行っている。

さらには歌手や画家など、プロのアーティストが頻繁にやって来るという。食育に力を入れるのは「生きる力」を育むため。一流の芸術にふれるのは、子どもの感性を伸ばすためと、大長光一園長。
その一環として、10 月15 日に開かれた「みそまる教室」に集まってくれたのは、かわいい2 歳~小学生の子どもたちと保護者、見守る地域の人々…。

園では、毎年みそ仕込みを行っているというだけあって、みそはもうおなじみのもの。けれども、泥だんごや粘土のように、みそを丸めるのははじめてのこと。みんなで「みそまる音頭」を聴きながら、うれしそうに楽しそうに、みそをコロコロすると、ほ〜ら、お菓子のようなみそまるの出来上がり。「園の冷蔵庫にみそまるを常備します!」と、先生方にも好評だった。

関連記事

  1. 日本橋タカシマヤ「全国発酵食品サミット」でみそまる販売

  2. 「縄文天然温泉 志楽の湯」10 周年イベント「みそまるでほっこりげん氣セミナー」

  3. 「だしで味わう和食の日プロジェクト」出前授業

  4. みそイベント@倉敷「柿の木」

  5. 【ご当地味噌グルメ】病弱な細川忠利公を救った「からし蓮根」

  6. ソテツ

    他に類を見ない解毒発酵!ソテツ味噌とは