インドで「味噌仕込み会」

近年めざましい発展をとげるインドでは、現地で働く日本人が急増中。しかし現地では、味噌汁を飲みたくても、なかなか味噌が手に入らずに困っている人が多いのだとか。そこで今回、ニューデリー在住のミソガール八田飛鳥さんと八田舞さんが、「味噌仕込み会」を企画。

大豆と塩は、インド産のものを現地のスーパーで調達。麹(乾燥)は事前に日本から発送したものを使用。当日は、スカイプを使って仕込みの工程を説明させていただきました!

集まったのは現地で働く日本人とその家族、総勢15 名。業種も年代もさまざま。参加条件は、味噌好きな人。インドではまだまだ日本食が手に入りにくい環境です。和食が恋しくなると、あたたかいごはんと味噌汁が真っ先に思い浮かぶようです。海外でがんばる日本人の皆さんに、手前味噌の文化を届けられたらなぁと夢が広がります。今回は、10kg の味噌を全員で仕込みました。これから暑い夏が始まるニューデリー。どんな味噌ができるのか楽しみです。

関連記事

  1. 手作り 味噌

    【告知】HBCラジオ「朝刊さくらい」で「HAND made MISO」を取り上げていただきます。

  2. 平戸で出会った絶品!「茄子の鯛味噌田楽」

  3. 味噌研究の最先端を学ぶゾ

  4. 佐渡市「トキ米応援大使」プロジェクト

    「朱鷺米応援大使★奮闘記」トキ味噌天地返し

  5. 世界遺産「飛騨白川郷」で見つけたものとは

  6. 東京駅「玉丁本店」さんの味噌煮込みうどんを食すの巻