夏野菜たっぷりみそチャーハン

マヨネーズでごはんをコーティングすることで、パラパラのチャーハンが簡単につくれます。みその風味にマヨネーズのまろやかさが加わって、相性抜群です。

【材料(2人分)】
ご飯…茶碗2杯
マヨネーズ…大さじ1
豚ひき肉…80g
ピーマン…1個
なす…1/2個
パプリカ(赤)…1/3個
卵…2個
にんにく…1かけ
赤とうがらし (輪切り)…3~4つ

<合わせ調味料>
みそ…大さじ2 ※おすすめは赤みそ
酒…大さじ1
しょうゆ・きび砂糖…各小さじ1
顆粒鶏ガラスープの素…小さじ2


【つくり方 (調理時間15分) 】
1 にんにくはみじん切り、野菜は1cm角に切る。ご飯にマヨネーズを混ぜておく。合わせ調味料をよく混ぜ合わせておく。

2 フライパンにサラダ油大さじ1(分量外)を中火で熱し、赤とうがらし、にんにくを入れる。香りが立ってきたら豚ひき肉を炒める。色が変わったら野菜を入れて2分ほど炒める。

3 ②に、ご飯を加えてほぐしながら炒め、パラパラしてきたら合わせ調味料を加え混ぜ合わせる。

4 溶き卵を入れ、卵に火が入るまで炒める。


【このレシピの考案者】

甲斐優美●かいゆみ
料理家・フードコーディネーター。母親の影響で幼少期から料理やお菓子づくりの楽しさを学ぶ。4年間女性料理家へ師事した後、2017年に独立。現在はレシピ開発、料理動画撮影、フードスタイリング、ケータリングなど、幅広く活躍する。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。