「だしで味わう和食の日プロジェクト」出前授業

11月24日「和食の日」にちなみ、日本が世界に誇る「うま味」を、子どもたちに実感してもらう機会をつくろう、というプロジェクト。

和食会議さんからの依頼を受け、出前授業を行いました。

今回の対象は、2クラス計79人の中学3年生。

皆、楽しそうに味噌を混ぜたり、丸めたり大はしゃぎ。

「味噌クイズ」にもたくさんの手が挙がり、皆さん積極的に授業に参加してくれました。

味噌汁をごちそうのように飲んで味わう姿も印象的でした。

みそまるは、煮干しや昆布、しいたけなどを粉末だしとして入れるのでまるごと栄養がとれるし、飲みたい時にすぐ飲めて便利。

これからの受験シーズン、みそまるでほっと一息できたらいいですね。

関連記事

  1. ニホンドウ漢方ミュージアムで東洋の智慧を学ぶ

  2. 【ご当地味噌グルメ】田んぼのサザエ!? 飯山温泉「タニシのみそ煮」

  3. 東京土産に最適 銀座若菜の「江戸たまご」

  4. 近商ストア創業60周年感謝フェア@大阪

  5. 留学生がみそまる体験in中央情報専門学校(2019)

  6. 【味噌の店】人間大好き、社訓は“ 親孝行” 「ばんどう太郎」みそ煮込みうどん