見渡す限り、ツボ、ツボ、ツボ!発酵ファンなら一度は訪れたい「黒酢の壺畑」

坂元醸造

鹿児島県霧島市福山町は、温暖な気候に恵まれた、黒酢づくりに最適の場所。坂元醸造の黒酢づくりは、約200年前から引き継がれている。黒酢づくりが行われるのは、蔵でも工場でもなく「壺畑」で、全部で10か所、計5万2000本あまりの壺がある。

黒酢の原料は、蒸した米と米麹、地下水の3つ。1つの壺の中で、糖化、アルコール発酵、酢酸発酵が自然に進行するという、世界でも類を見ない製造方法。発酵具合は一律ではなく、黒酢職人が一つひとつ壺の蓋を開けて状態を確認するなど、「子育て」のように愛情と手間暇をかけ、見守り育てていく。

坂元醸造

最低でも1年以上、長いもので5年もの間、じっくりと熟成させていく。熟成を重ねるにつれて色が濃くなり、味は奥深くまろやかになっていく。味は、好みや用途で選ぶとよい(左から1年熟成、2年熟成、3年熟成)。

坂元醸造坂元醸造
坂元のくろず(1年熟成)

坂元醸造
鹿児島県鹿児島市上之園町21番地15

関連記事

  1. 日本一の味噌が決定!第58 回全国味噌鑑評会

  2. 青森県の味噌グルメを冠した映画『味噌カレー牛乳ラーメンってめぇ~の?』

    青森県の味噌グルメを冠した映画『味噌カレー牛乳ラーメンってめぇ~の?』

  3. 2019年の注目は? 「トレンド鍋®」は “発酵鍋”

  4. 日本中が涙したベストセラー「はなちゃんのみそ汁」が 映画化!

  5. 農水省「Let’s! 和ごはんプロジェクト」の幕開け

  6. みそ由来の乳酸菌新素材「蔵華(くらはな)乳酸菌LTK-1」を開発