ありそうでなかった新感覚調味料 !信州自然王国「味噌&バター」

農産加工品製造の信州自然王国から「味噌&バター」が新発売された。信州産の味噌と米麹を使用し、砂糖を加えずにぶどう果汁で煮詰め、バターと合わせた調味料。増粘剤や保存料等は無添加だ。

味噌の新しい楽しみ方として、バターとの組み合わせを考案し開発に至ったという。「皆さんパンに味噌を塗る習慣はあまりないと思いますが、甘じょっぱくて濃厚な風味は、トーストやパンケーキ、パイやタルトといったお菓子のフィリングに最適です。発酵食品である味噌を、新感覚で味わっていただける自信作です。食べてみてください」と同社の花岡大志さん。

味噌のほか、かぼちゃ、粒あん、緑茶、ユズの計5種を同時発売する。お求めはWEBで。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。