麦味噌とメバルから生まれた島の味。周防大島「糂汰味噌」

瀬戸内海に浮かぶ周防大島は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた「みかんの島」。特産品はみかんと茶粥、そして「糂汰味噌」だ。糂汰味噌とは、春告魚(メバル)のほぐし身と麦味噌を合わせた、古くから伝わる郷土料理。島の家々では、メバルを煮付けや刺身にして食べるのとは別に、保存食として糂汰味噌を作り置きするのが日だ。

あったかいごはんに糂汰味噌とネギを添え、熱いお茶を注いで食べる「糂汰汁」は、島民に「ライスカレー」と呼び食される、懐かしい味。春の味・島の味として糂汰味噌を求めて訪れる観光客も多い。島の料理人たちは、糂汰味噌を使ったメニューに腕をふるっている。


糂汰味噌プロジェクト

関連記事

  1. 日本の朝にみそ汁を!! マルコメ×モーニング娘。’17

  2. 野菜がもりもり食べられる「沖縄薬膳味噌のバーニャカウダ」

  3. 手作り 味噌

    【超簡単!手作り味噌キット】手軽にオシャレに手前味噌「HAND made MISO」

  4. 日本発!飲料に熟成の旨味を「岡崎味噌コーラ

  5. 狙いを定めて味噌を発射!アプリ「味噌かけてみそ」

  6. 藤原みそこうじ店

    祝・鳥取でみそ屋を開業! 藤原みそこうじ店