【ご当地味噌グルメ】太宰治も好んで食べた下北のご当地グルメ「みそ貝焼き」

江戸時代に大きなホタテの貝殻を鍋代わりにして魚を調理して食べたのが由来とされる下北半島の郷土料理「みそ貝焼き」(みそかやき:方言)。「食事処なか川」(青森県むつ市小川町2-21-11 TEL/0175-22-3798)のみそ貝焼定食は、大きなホタテの貝殻にホタテやフキ、ワラビ、ネギ、カキ、マツモなど約十種類の素材を入れて煮込み、味噌を溶き入れ、卵でとじたもの。3 年間寝かせた特製味噌とにぼし、隠し味の白身魚がポイント。

みそ貝焼き普及研究会(むつ商工会議所)では「むつ市グルメガイドマップ」をつくり配布中。

関連記事

  1. 麹屋もとみやの直売店「SHIMONO528」がリニューアルオープン!

  2. 【ご当地味噌グルメ】江戸の粋な漁師グルメ 東京「深川めし」

  3. 【ご当地味噌グルメ】鹿児島に伝わる栄養ドリンク「茶節」

  4. 【ご当地味噌グルメ】常備菜にぴったり富山県民の朝ごはん「よごし」

  5. 食育推進全国大会inふくしま「おいしい!楽しい!『食』で元気をチャージ

  6. 【ご当地味噌グルメ】産後の回復食として受け継がれる淡路島ちょぼ汁