史上最年少みそソムリエ誕生!松井遥香さん

小学6 年生の松井遥香さんは、史上最年少11 歳で「第6 回みそソムリエ認定講座」(一般社団法人東京味噌会館・みそソムリエ認定協会主催)の認定資格を取得。遥香さんの父・松井健一さんは1991 年より中国・大連で味噌製造を行う大連松井味噌有限公司の代表。幼い頃から自社工場で研修を受けてきた遥香さん、現在は3 言語(日本語、中国語、英語)を駆使し、中国、香港、ASEAN 諸国の展示会や味噌仕込み教室で通訳として活躍中だ。(聞き手/ ミソガール・藤本智子)

どんな小学校生活を送っていますか。

昨年秋まで、中国大連市の日本人学校に通っていましたが、現在は英語をもっと勉強するために、香港のDELIA INTERNATIONAL SCHOOL に留学中です。インターナショナルスクールなので、いろいろな国の友だちがいます。最近は韓国人やインド人の友だちもできました。学校の休み時間におしゃべりをするのが楽しいです。本が好きで、東野圭吾や宮部みゆき、シャーロックホームズや中国の歴史小説を読むことが多いです。

みそソムリエ合格おめでとう! 勉強は大変だった?

ありがとうございます。「みそソムリエ」の勉強は大変でしたが、ひたすらノートに書いて覚え、わからないところはお父さんやお母さんに教えてもらいました。お母さんは中国人で、外国人初の「みそソムリエ」です。実技試験は何回も食べて味を覚えました。筆記試験は自信がなかったので、合格を聞いてほっとしました。家族や友だち、先生など、周りの人たちが合格を一緒に喜んでくれて、とてもうれしかったです。

普段はどんな「味噌活」をしていますか。

お料理はよくしていて、お父さんは豚汁が好きなのでいつもつくってあげます。わが家はお鍋も味噌味です。夏休みには工場に入って実際に味噌づくりの仕事をしたり、中国人向けの味噌仕込み教室や展示会で通訳をしたり。私が子どもなので、みんな「すごいね」と言ってくれてうれしいです。お父さんやお母さんみたいに、もっと上手に説明できるようになりたいです。

中国や香港では味噌はどんな風に食べられていますか。

中国や香港では、味噌汁にして食べることが少なく、生の野菜につけて食べたり、炒め物の中に入れたりして使うことが多いです。私は辛くて食べられませんが、味噌にニンニクや唐辛子を入れたものも多いです。

みそソムリエとしてどんなことにチャレンジしたい?

昔と比べて、海外で味噌を食べる人が増えてきているので、もっといろいろな国の人に味噌の良さを伝えていきたいです。海外に住んでいるからこそより強く感じますが、日本食は本当においしいです。その代表ともいえる「味噌」を世界の人に伝えることができてうれしいです。日本中には私の知らない味噌や味噌料理がたくさんあるので、これからもっともっと勉強していきたいです。

Haruka Matsui, a sixth grade elementary school student, is the youngest ever miso sommelier. Her father is a president of a miso manufacturer in China and she has studied miso since she was a little girl. She is trilingual and takes part in events such as exhibitions and miso making workshops as an interpreter.

関連記事

  1. 馬場商店・馬場敏彰さん「備前焼のふるさとで“紅糀みそ”を開発」

  2. 糀和田屋 外観

    糀和田屋・三瓶正人さん「代々受け継ぐ手づくり糀が、おいしさを引き出す秘訣」

  3. 天野屋・天野博光さん「地下の土室で産声を上げる 天野屋の麹」

  4. 小泉麹屋・小泉聡さん「横浜からみそ文化を伝承」

  5. 一馬本店・下川啓文さん&倫子さん「味噌をつくり続けて120年」

  6. 新庄みそ

    新庄みそ・山本美香さん「マンパワーがおいしさの秘訣」