7年連続首位に輝く、手打ちほうとうの名店「へっころ谷」

藤沢にある「へっころ谷」は、「食べログ」の全国ほうとうランキングで7年連続で首位に選ばれるほどの人気店。厳選されたこだわり食材を使い、丹精込めてつくられた手打ちほうとうが楽しめる。山梨県の郷土料理である「ほうとう」は、小麦粉を練ってつくる太い平打ち麺と野菜などを、みそ仕立ての汁で煮込んだもの。具材の旨味をたっぷり吸い込んだ麺と、とろみのある汁が絶妙の一体感を醸し出す。

二代目店主の古屋賢悟さんは、若い頃はヘビースモーカーであり、ジャンクフードを常食するなど不摂生な生活を送っていた。結婚を機に、両親の営むほうとう屋に入社し、奥の深いほうとうの世界にのめり込んだ。本場山梨のほうとうを食べ歩き、来る日も来る日も麺を打ち、出汁や食材の研究をする日々を送った。そうして誕生したのが、現在のメニューだ。

一番人気は「豆乳たんたんほうとう」(写真)で、自家製ラー油と豚肉の旨味が効いた深みのあるスープが特徴。モチモチの麺にたっぷりの野菜で食べ応え抜群。ボリューム満点だが、胃腸に負担はなく、毎日食べても飽きないおいしさだ。他にもグラタン豆乳やグリーンカレー味など、一風変わったほうとうや、オリジナルの発酵調味料を使った一品料理、スイーツなども楽しめる。

みそは数種類を独自の割合で調合、ほうとうの原料となる小麦は、希少価値の高い国産小麦を使用し、お店で丁寧に製麺される。野菜は自家菜園(農薬不使用)や地元農家から仕入れ、鰹節、いりこ、昆布、しいたけなど出汁素材も全国から厳選し取り寄せている。旬の野菜を使用するため、その時々で違った味わいを堪能できるのも楽しみの一つ。旬の野菜は、おいしさだけでなく、必要な栄養素を兼ね備えている。

「『へっころ谷』とは、山奥のへんぴな場所という意味を持つ造語で、田舎に帰った気分で、お母さんのホッとする手料理を味わってほしいという願いが込められています。これからも訪れた人々の心が安らぐような店でありたいと思います」と古屋さん。

【へっころ谷】
神奈川県藤沢市亀井野3-30-1 
TEL/0466-82-1702

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。