おむすびと味噌汁スタンドで観光×食体験「おむすびと汁と茶6SUBI」

歴史的建造物が残る越後長岡の摂田屋地区は、昔から醸造文化が栄えた土地で、現在も味噌や醤油、日本酒の醸造が盛んに行われている。まちを歩けば、あちこちから材料を煮る香りや、味噌や酒などの発酵香が漂ってくるのも、このまちならではだ。

明治時代から続く米蔵をリニューアルした「摂田屋6番街発酵ミュージアム・米蔵」内のカフェエリアに、2020年11月、「おむすびと汁と茶 6SUBI」が誕生した。観光とともに、発酵文化や食文化を気軽に体験できるスポットとして注目を浴びている。

運営するのは、新潟県の食文化を伝えることを理念とし、県内にレストランや居酒屋など8店舗を運営する有限会社寿々瀧だ。コンセプトは「地元の観光資源を未来へつなぐ。人と人をむすび、地域をむすぶ」で、新潟県産のお米でつくったかわいらしい創作おむすびと、摂田屋地区ほか新潟県内の味噌5種を飲み比べできる「味噌汁BAR」が話題。

味噌はだしを混ぜた状態で用意されているため、各自がカップに味噌と乾燥わかめやねぎなどの具材を入れ、お湯を注いで味噌汁にする。少量ずつ味見をし、蔵ごとに異なる味噌の特徴や魅力を知ってもらいたいと考えられたアイデアだ。また、「味噌汁BAR」のほか、日替わりのスペシャルメニューとして、旬の食材を使った具だくさん味噌汁も好評だ。

「当店は、新潟の食文化と発酵の魅力を、フードとドリンクの両方でお楽しみいただけます。知れば知るほど魅力的な摂田屋を知っていただく機会になるとうれしいです」と代表の鈴木将さん。鈴木さんは、新潟県長岡市出身で、食文化プロデューサーとして県産品を使用した商品開発や店舗プロデュースなど、幅広く手がけている。

JR宮内駅東口から徒歩10分、おむすびと味噌汁ほか、地元の名産品や発酵食品を使ったドリンク、スイーツなどが楽しめ、旅の途中に立ち寄るにも最適だ。発酵文化、食文化を味わいに訪れてみてはいかが。

【おむすびと汁と茶 6SUBI】
新潟県長岡市摂田屋4-7
TEL/0258-86-8545

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。