歌で伝えたい、みそ汁の魅力「みそしるの唄」

茨城県石岡市在住のシンガーソングライター・うたうたいりりぃさんは、全国各地のライブほか、ワークショップ、絵本の読み聞かせなど、多方面で活躍中。

今はその多くが自主企画。アイデアが浮かんだら協力者を募り、当日の運営まで自身で進めることが多く、裏方仕事も歌手活動の楽しみの一つだという。

これまでに「こんなところでうたいたいなぁ」と思ったところ…森の中や美術館などでも、ライブを実施してきたというから素晴らしい。ほんわかあたたかい歌声と、独自の世界観で、子どもから大人まで幅広い年齢層に支持されている。

2017年にリリースした「太陽のおへそ」の中に収録されている「みそしるの唄」。一度聞いたら耳に残り、思わず口ずさんでしまうかわいいメロディーだ。

「数年前、夫の仕事の関係で1か月遠方に下宿をしたことがあった。慣れない環境で不安も募る中、そこで出された豚汁のあたたかさに救われた」。以来、みその虜になったというりりぃさん。

「みそ汁は日本のソウルフードであり、母から子へ引き継がれる愛情たっぷりの食べ物。発酵した菌たちが、私たちを体の内側から支え応援してくれる。これからもみそ汁が次世代に引き継がれるものでありますように、と願いを込めて制作した」と笑顔で語る。

「太陽のおへそ」はYouTubeで視聴可、アルバムの購入は、wakuwaku8lilly@gmail.comまで。今年中に「みそしるの唄」のミュージックビデオが完成予定。

太陽のおへそ (税別 2500円)
1.雨
2.パラリラッタ
3.おはようクジラ
4.みそしるの唄
5.茜空
6.夕陽
7.あっちこっち
8.こころ と こころ
9.夜の月と君と僕
10.ヤッホー
11.生きてくカケラ

関連記事

  1. 加藤ファーム・加藤秀樹さん「農業を変えていきたい!」

  2. おだしプロジェクト 代表 土岐山協子さん「日本の女性を幸せにする」

  3. 【寄稿】味噌汁が嫌いだった私が

  4. 【寄稿】味噌汁と共に

  5. 【寄稿】季節で楽しむ味噌

  6. 酒井雅敏さん「味噌と大塚の町を愛する歌う味噌屋の若旦那」