味噌と大塚の街を愛する歌う味噌屋の若旦那

歌う味噌屋の若旦那こと、酒井です。

幼い頃は、祖母がつくってくれる味噌おにぎりをおやつに食べるのが日課で、味噌の倉庫でかくれんぼや鬼ごっこをして遊ぶなど、味噌に囲まれて育ちました。

将来は味噌屋になるものと思っていたので、父(現会長)に、「サラリーマンを辞めて戻ってきてくれ」と言われても、さほど違和感はありませんでした。それからあっという間の30年。昨年末、正式に後を継ぎ、三代目代表取締役に就任しました。

当社は、味噌メーカーと流通業者をつなぐ卸業が主事業で、一部、オリジナル商品も販売しています。そのほか、味噌メーカーの有志たちで、味噌普及団体「みそ知る会」を5年前に発足させ、定期的にイベントを開催するなど、味噌需要喚起の活動にも力を入れています。

そして、私のもう一つのライフワークは、「大塚の街の活性化」です。振り返ると、入社当時に父の勧めで地元の異業種交流会に入会したことが、一つの転機になりました。そこで出会った仲間たちと意気投合し、大塚を池袋や巣鴨に負けないくらいの街にしようと、「南大塚ネットワーク」を立ち上げたのは、2006 年のことでした。

「おおつか音楽祭」「夏のビアガーデン」「東京大塚阿波おどり」「大塚商人祭り」「七の市」など数々のイベントを企画、運営。ホームページで商店街や街の情報を伝えるほか、「大塚ものがたり」ブランドの開発など、ありとあらゆる手法で大塚の魅力を発信してきました。

おかげさまで、10年前に比べ、大塚の街はかなり賑わっていると実感しています。さらにもう一つ、歌手としての顔も持っており、「歌う味噌屋の若旦那」として知られております。大塚の応援ソングとしてCD を自主制作、イベントでPR していたところ、「ウェブクウ」(石原プロモーションの関連会社)の目に留まり、2010 年に全国デビューを果たしました。デュエットソングの相手を公募した際には、マスコミでも大きく取り上げられました。

今後も、本業の味噌卸に街興し、歌手活動など、すべてに全力投球していきます。味噌業界の発展にも貢献するため、「ジャパン味噌プレス」ともタイアップ。連載コラムでは日々の活動のことなどを紹介していきますので、よろしくお願いします。

「大塚ものがたり」
作詞・作曲/ 酒井雅敏
歌/ 雅& のぞみ
発売/Webkoo

「大塚ものがたり」
スッキリとした味わいながらも深いコクと旨味をもつ香り高い信州味噌
大塚青木商店店頭・WEBで販売中!
1965年東京都出身。大学卒業後、サラリーマンを経て、家業の味噌卸問屋「大塚青木商店」に入社、現在代表取締役。大塚の街興し組織「南大塚ネットワーク」代表を務める傍ら、歌手としても活動。テレビ出演やラジオのパーソナリティなど幅広く活躍中。