いつものカレーがワンランクアップ。カレーの隠し味には味噌!

カレーは、もはや日本人にはなくてはならない料理の一つですが、カレーの隠し味に味噌は最高です。

しっかりコクを出したいときは赤味噌を、まろやかさをプラスしたいときは、米麹がたっぷり入った甘口の味噌(関西白味噌、讃岐味噌、府中味噌等)がおすすめ。

分量の目安は、一人分あたり5g~10g程度でよいかと思いますが、味噌の種類により味わいや塩分量が異なるので、適宜ご調整ください。

味噌を入れるとおいしくなる理由は、味噌の豊かな風味と食材の味をまとめる力のおかげ。

味噌には、旨味、塩味、甘味、また、味噌によっては、わずかな酸味や苦みなど、さまざまな味わいが含まれています。

味噌の「噌」は、「ガヤガヤうるさい、うるさいほど味が豊かでおいしいもの」という意味です。だから、隠し味に入れると味に深みを出してくれるのです。

ちなみに東南アジアでは、「魚醤」をカレーに入れたりするそうです。

「カレー」という定義はあいまいですが、スパイスをたっぷり効かせて、肉や魚、野菜などを煮込むことは共通しています。

日本だけでなくアジア、アメリカ、ヨーロッパ…、世界中で愛されるカレーが、味噌でさらにおいしくなることを、多くの人々に知ってもらいたいです!

カレーはインドのイメージが強いですが、「インドカレー」といっても民族、地域、家庭により、作り方も材料もまったく異なるそうです。

インドには、「カレー粉」というものはなく、家に常備してある数種類のスパイスをそのときある食材や気分によりミックス。スパイスはすりたてが一番風味がよいため、インドのお母さんたちは、家族のために、せっせとその都度スパイスをすりつぶすそうです。

百人いれば、百通りのお手製カレーが誕生、まさに「手前味噌」ならぬ「手前カレー」なのですね。

関連記事

  1. お盆に家族で食べよう「盆汁(七色汁)」

  2. YGM 味噌汁

    『#YGM』オシャみそ汁「カラフルおにぎりみそ汁」

  3. 【味噌料理レシピ】アスパラと玄米の豆乳味噌ドリア

  4. 味噌とトマトの運命の出会い トマトジュースとレタスの夏みそ汁

  5. 【味噌料理レシピ】和風みそラタトゥイユ

  6. 野菜と味噌の重ね煮

    【味噌料理レシピ】野菜と味噌の重ね煮