味噌度100%!味噌専門のWEBメディア

味噌度100%!味噌専門のWEBメディア

『YGM宣言』料理研究家・ワタナベ マキ氏監修「ビーツのミソスープ」

株式会社ミソドでは、「家庭内における夕食調理の意識」の実態を調査すべく、全国の20歳~39歳のワーママ1,000人を対象にしたインターネットリサーチを実施。調査結果では、「夕食づくりは自分の重要な役割」という認識から、7割以上が「夕食の手は抜きたくない」と回答したものの、理想とする食事が出せずに悩んだり、ストレスを感じていたり、本音では面倒さを感じている実態が浮き彫りとなりました。

「そこで、おすすめするのが『YGM(夕食はご飯とみそ汁)宣言』です。私自身、みそをとり入れた食生活で体質が改善した経験から「ミソガール」として2011年よりみその普及活動をしてまいりましたが、みそ汁は調理の負担も少ない上、栄養価の高い食事を提供できる、最適なソリューションだと実感しております。このたび、人気料理研究家・ワタナベ マキさんの賛同を得、10分程度でできる『YGMレシピ』をご考案いただきました。家族の健康を維持し、調理の負担も軽減する『YGM宣言』、ご一緒にいかがでしょう?

『YGM宣言』についての詳細はコチラ

YGM 味噌汁

高ビジュアルなのに高栄養価!フォトジェニックみそ汁
ビーツのミソスープ

飲む血液といわれ、栄養価の高いビーツに、玉ねぎ、セロリを組み合わせた赤みそベースのみそ汁。珍しい色合いでインスタ映え間違いなし!

【作り方(調理時間12分)】
[1] ビーツは皮をむき、1cm 角に切る。玉ねぎ、じゃがいもは1cm 角に切り、じゃがいもは水にさっとさらす。
[2] 鍋を中火で熱し、ごま油をいれ[1]をいれて全体が透き通るまで焦がさないように炒める。
[3] 水と和風だしの素を加えてひと煮立ちさせて、アクをとり、弱火にした状態でフタをして約6分煮る。
[4] みそを加えて溶き、煮立つ直前で火を止める。ゆで卵を白身と黄身を分けて裏ごして、盛りつけた汁にのせる。

【使用食材(2人前)】 ビーツ 200g、玉ねぎ 1/3個、じゃがいも(中)2個、水 400ml、和風だしの素 2g、みそ 大さじ2、固ゆで卵 2個、太白ごま油(サラダ油でも可)少々

ワタナベマキ
ワタナベ マキ●プロフィール
1976年、神奈川県生まれ。夫、小学生の息子との3人暮らし。グラフィックデザイナーを経て、2005年から「サルビア給食室」を立ち上げ、料理家に。雑誌や書籍でのレシピ提案、イベントなどで幅広く活躍中。2017年に不定期の保存食、お菓子、雑貨のお店『STOCK THE PANTRY』を東京・世田谷にオープン。

【ワタナベ マキさんコメント】
私も小学生の子どもを育てるママとして、調査結果に表れているように、忙しくても家族のため、夕食作りに全力投球している一人です。家族の健康や栄養を考えると、手は抜きたくないし、しっかりとした食材を選ばないといけない、など頑張れば頑張るほど、夕食を作ることや献立を考えることが面倒になり、体力的にも精神的にも疲れてしまうことがあると思います。そんな時は、「ミソガール」の藤本さんが提唱している、『YGM』がオススメです。例えば、週の真ん中で疲れが出始めてくる水曜日や、疲れがピークに達する金曜日など、あらかじめ『YGM宣言』する日を決めておくと、精神的にも楽になるのではないでしょうか。『YGM宣言』で調理や献立を考える手間を減らして、少しでもお子さんやご家族とゆっくり過ごす時間を作ってみてはいかがでしょうか。

味噌伝道師 MISODO(本名:藤本智子)http://misodo.co.jp/
株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。



関連記事

味噌度100%!味噌専門のWEBメディア




最近の投稿

人気の投稿