発酵がキーワード!やさしい暮らしを提案するライフスタイルショップ「85[ハチゴウ]」

株式会社ハイブが運営する85[ハチゴウ](以下「85」)は、発酵をキーワードに健康や環境に配慮した衣食住、やさしい暮らしに関わるモノ・コトを提案するセレクトショップです。発酵食品や無添加調味料をはじめ、発酵染料で染める藍染めや化粧品、キッチンツールなどを扱っています。また、ぬか床を預けておく「マイぬか床サービス」や、手作り味噌体験、全国から厳選した味噌の量り売りも人気です。

商品セレクトの6つのキーワード

85が大事にしている6つのセレクト基準は、発酵、オーガニック、天然素材、無添加、環境保全・社会貢献、長く愛用できるものです。

微生物の力で人にとってより良いものに変化する「発酵」と同じように、85の商品を取り入れることで生活がより良く変化するように、との願いを込めて商品をセレクトしているそうです。

一番人気の「85ピクルス」

露地野菜やにんにくが入った「85ピクルス」は、無農薬もしくは低農薬で育てられた野菜を使っています。野菜の持つ色彩豊かな美しさを最大限に生かすため、全てハンドカットによって瓶詰されています。残ったピクルス液も、野菜のうま味や栄養素が溶けているので、余すことなく料理に活用できます。

85の商品は、素材へのこだわりはもちろんデザイン性の高さもポイント。85を運営する株式会社ハイブは、もともと店舗デザインや設計施工が専門のため、そのデザイン力が随所に生かされています。

体験習得型のサービスを提案中

「マイぬか床サービス」は、ぬか床の材料や容器を調達するところからはじめ、ぬか床を作る、毎日のお手入れをする、場所の確保、野菜の用意などを支援するサービスです。手作りならではのおいしさや、自分好みの味に育てていく楽しさを知ってもらい、いつか自宅でぬか床を手入れするきっかけになれば、という思いで始まりました。

また、味噌作りは自分のオリジナルの味噌を作る体験を楽しみ、満足してもらうことを目的としています。味噌とだしを組み合わせ、自分好みの味噌汁を見つける「お味噌汁テイスティング」のワークショップなど85ならではの発酵体験が楽しめるコンテンツを提供しています。

持続可能な未来づくりに貢献したい

世界も認めるエコロジーな宿「吉水」の女将・中川誼美さんの後押しもあり、2017年に誕生した同店。持続可能な未来づくりのために、体にも環境にもやさしい商品を取り揃えていて、発酵や健康に興味があるさまざまな世代の女性から注目を集めています。

「簡単、便利なモノが溢れる時代ですが、ちょっと前の暮らしの価値観を大切にしたいと考えています。長年環境問題に貢献できる方法がないかと模索してきましたが、85の商品を通じ価値観を共有することで、環境問題について考えるきっかけになってもらえたら嬉しいです」と代表取締役社長の嶋津和久さん。

COREDO室町テラス店、二子玉川ライズ店、カメイドクロック店、ルクア大阪店、阪神梅田店の5店舗ほか、ECサイトで商品を購入できます。現在、マイぬか床サービスと味噌作りに対応しているのは、ルクア大阪店と阪神梅田店の2店舗です。

文/秋山昭代

関連記事

  1. 伝説のヴィンテージ味噌がついに底をついた。新しく生まれ変わった「とこしえ味噌かりんとう」

  2. 東金黒豆みそ鍋

    徳川家康の鷹狩りをイメージ「東金黒豆みそ鍋」

  3. 【味噌の店】代々木「ごちとん」(野菜を食べる ごちそうとん汁)

  4. ヤマキ・木谷富雄さん「わが家の味こそ、日本の食文化」

  5. 冷凍パンのPan&から「きのこの和風みそクリームスープ」が新発売

  6. 【ご当地味噌グルメ】小麦文化が生んだ群馬名物「おっきりこみ」