ニホンドウ漢方ミュージアムで東洋の智慧を学ぶ

健康や美容に関心のある女子の注目の的「漢方」を楽しみながら学べる体験型施設があると聞いて、行ってきました。

「ニホンドウ漢方ミュージアム」は、ギャラリー、ブティック、スクール、レストランが一つになった、世界初の漢方ライフスタイル提案型複合ショップ。そもそも「漢方」とは、本来人間が持っている自然治癒力を高め、同時に病気の予防を重視する東洋医学の一つ。漢方の考え方の一つに漢方薬を用いた治療法がありますが、ほかにも鍼灸・気功・整体・薬膳などさまざまな養生も含む広い意味で使われています。

薬日本堂漢方スクールには、資格取得のための専門的な講座のほか、気軽に参加できるワンデイセミナーなど漢方の知識を深める講座がたくさん。ミソガールおすすめは、年4回開催予定の「韓国料理に学ぶ!薬膳の智慧」。なんと、コチュジャンと白味噌をベースに、にんにく、しょうが、ウコン、ニラ、セロリほか、美肌効果の高いクコの実を混ぜ合わせた「薬味みそ」づくりを行います。季節によって材料や配合を調整、漢方の基礎も学べる人気のセミナー。

「自然の法則を大切にし、体にいいものを食べ、体をいたわって生活することが、漢方ライフスタイルの基本。自然治癒力を高め、美肌をキープしてくださいね」と、薬日本堂漢方スクール専任講師の松波春雨さん。

薬膳レストラン「10ZEN」では、京都石野味噌の関西白味噌を使用した「豆乳と酒粕のヘルシーベジスープランチ」美容スープで女子力チャージ!

「漢方ギャラリー」ではストレス指数や体脂肪、骨密度を無料でチェックすることができます。

【ニホンドウ漢方ミュージアム】
東京都港区高輪3-25-29 前川ビル1F

Nihondo Kampo Museum is a comprehensive compilation of kampo, which consists of a gallery, a boutique, a restaurant and a school. Miso Girl recommends a seminar where you make “yakuzen miso,” made with gochujang, white miso, garlic, ginger, turmeric, Chinese wolfberry fruit and so on, which has a high skinbeautifying effect.se

関連記事

  1. 【ご当地味噌グルメ】小麦文化が生んだ群馬名物「おっきりこみ」

  2. 「なめんなよいばらき県」名物「なめてみそ納豆みそ」

  3. たむらや・高橋基雄さん&正恵さん「素材にこだわり手間を惜しまず“いい塩梅”のみそ漬づくり」

  4. 和食会議

    和食会議出前授業・新宿区立落合第五小学校「覚えてるよ、おみおしるー!」

  5. 仰天!居酒屋・兆治の看板メニュー「味噌サワー」

  6. すみだの大豆専門問屋・株式会社丸金の金原朋子さん「在来品種の大豆の魅力を伝えたい」