新感覚!食べるガーデニング「MISO GARDENING」

MISO GARDENINGとは、味噌を土に見立てて、野菜をアートした新感覚の味噌ディップです。見て満足、食べておいしい!おうち時間がもっと楽しく、華やかになる提案です。
※味噌を土に見立てているため、「味噌土」と表現しています。


MISO GARDENINGにチャレンジ

【用意するもの】
味噌…適宜
マヨネーズ…お好みで
野菜…適宜
器…適宜(植木鉢に似たものや、透明の器がおすすめ)

STEP1 味噌土づくり

味噌を器に詰めて、味噌土をつくります。普段使いの味噌や、おかず味噌(肉味噌等)などでもOK。また、下半分にマヨネーズを入れ、その上に味噌を盛ると「味噌マヨ」になります。

STEP2 野菜のカット

好きな野菜を適度なサイズにカットします(加熱が必要なものは、事前に下ゆで)。植物っぽくなるよう、完成形をイメージしてカットするのがコツです。野菜がどんどん進むので、多めに準備し、食べながら補充しましょう。

STEP3 野菜を植える

味噌土に、野菜を植えて(うめて)いきます。時間が経つと、野菜によってはしんなりしたり、水分で味噌土がゆるくなったりするので、うめるのは食べる直前がおすすめです。味噌が余ったら、再度ディップに使うか、味噌汁か味噌漬けの素として活用してください。

※固い野菜は、少し漬かることでおいしくなる場合もあります。


アイデア次第で楽しみUP 

いんげん

にんじん

エシャレット

きゅうり


味噌の恵みをたっぷり⁉味噌で野菜が美味

植物を育てるのと同様、MISO GARDENINGも「味噌土」が最大のポイントです。味噌は、最高にお気に入りの逸品でお召し上がりください。さっぱりした野菜には、旨味がたっぷりの味噌が好相性◎。味噌のおいしさを存分に味わえるのも、MISO GARDENINGのいいところです。

「台地の恵み」ならぬ、「味噌の恵み」をたっぷり受けた野菜たちは、シンプルながら絶品。自然の野菜を採って食べるような感覚も楽しく、気づいたらどんどん食が進み、日頃の野菜不足も解消できてしまうでしょう。土は生命の源であり、味噌も日本人の源のような存在。土に触れるとホッとしますし、味噌もホッとします。味噌と土は、見た目が似ているだけでなく、意外な共通項があるのかもしれません。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。