カップで完結。最強のエナジースープ 鹿児島に伝わる「茶節」

茶節

「茶節」は、鹿児島(指宿市一帯を中心とした薩摩半島南部)の郷土料理で、二日酔いや疲労回復に効果があるとして、昔から地元で愛されてきた。器にみそとたっぷりのかつお節を入れ、お茶を注ぎかき混ぜるだけで、滋味深いみそスープが完成。 お好みでねぎ、しょうが、卵などをトッピングして、My茶節を楽しもう。

茶節


みそとかつお節のいい関係を紹介!
ぶし味噌レシピで「腸内リセット」

『 ぶし味噌レシピで「腸内リセット」』1500 円(税別)グラフィック社

腸のスペシャリスト・松生恒夫さんによる「腸内改善方法」を紹介した一冊。腸を元気にするかつお節(グルタミン酸)とみそ(植物性乳酸菌)でつくる、オリジナル調味料を使ったレシピも掲載(料理タカハシユキ)。免疫力を高めて、病気に負けない健康な体を手に入れよう。


鹿児島県味噌醤油工業協同組合
理事事務局長・古河洋さんも茶節を推奨!

鹿児島県味噌醤油工業協同組合
理事事務局長 古河洋さん

私は鹿児島で生まれ育ちましたので、「茶節」には親しみがあります。“お鍋要らず”で簡単につくれるため、重宝しています。現在では、県内のあらゆる所で食され、今に受け継がれている鹿児島の郷土料理の一つです。便利でおいしい「茶節」をもっともっと多くの人に知ってもらいたいですね鹿児島の麦みそ(薩摩みそ)は、他エリアよりも甘味が強く、麦麹のよい香りが特徴です。各蔵元、個性豊かな麦みそを製造しています。茶節にもぴったりなので、ぜひご賞味ください。


茶節の仲間、沖縄のかちゅー湯、たて汁って?

沖縄にも、茶節に似たような料理があり、お茶ではなくお湯で溶いて、「かちゅー湯」と呼ばれる。「かちゅー」とは、沖縄の言葉で「かつお」のこと。宮古島や八重山諸島では、「たて汁」と呼ばれている。大きいお椀に、みそ、かつお節、卵、しょうがを入れて熱湯を注ぐ。お産のとき、陣痛が始まると妊婦に食べさせることもある。

茶節に欠かせないかつお節
鹿児島枕崎のかつお節メーカー「マルモ」へ

かつお節は、繊細で深みのある“うま味”で日本の食文化を支えてきた誇るべき食品。かつお節生産量日本一の鹿児島で、1928年の創業以来、熟練の職人技で風味豊かな高品質のかつお節をつくり続ける「マルモ」を訪問した。

二代目として生まれ、小学5年生のときには魚をさばいていたという前会長の大茂健二郎さんは、この道なんと70年以上。大学を中退し、東京のかつお節問屋で修業後、船に乗った。まぐろ、かつお、さんま、さば漁…。危険と隣り合わせの世界に身を投じ、朝から晩まで魚を切って内臓を取る…そんな生活を経験し、今がある。

前会長・大茂健二郎さん

社長になったのは、若干24歳のとき。以来、伝承製法を守りながらもさまざまな改良・工夫を重ね、かつお節づくりにこだわってきた。生産量の増加とともに一部の分業を余儀なくされたが、産地ならではの一貫生産できる強みを生かし、徹底した教育、品質管理のもと、丁寧に、誠実に、かつお節をつくり続けてきた。数年前に会長職を退いた今も、後継者の育成や枕崎かつお節の普及に力を注いでいる。

一般に流通している「花かつお」は、カビ付けする前の「荒節」を削ったもの。対して、プロの料理人がこぞって使う「本枯節」とは、カビ付けと天日干しを繰り返し、丁寧にかつおの水分や油分を取り除いていったもの。

完成までに半年以上の月日をかけるというマルモの「本枯節」製造工程を見学した。一本一本のカツオに愛情を注ぎ、一つひとつの工程に長い時間と手間をかけ、丁寧にかつお節がつくられていることを知ると、先人の知恵と、つくり手の思いに敬意と感謝の気持ちが生まれる。

茶節におすすめ
「 味立て上手ソフト削り 」2g×20p
茶節におすすめ
「味立て上手花かつお」60g

【取材を終えて】
みその普及活動をはじめて間もないころ、マルモさんの工場見学へ行ったときに、「茶節」を教えてもらった。はじめて聞いたときは、「みそとお茶⁉」どんな味なのかまったく想像がつかなかった。が、一口食べて納得。麦みそのほのかな甘さと香ばしさ、たっぷりのかつお節から出るうま味に加え、お茶の渋みがいいアクセントになり、体にスーっと染みわたった。

さらに茶節は、二日酔いのときや疲れたときに飲む”栄養ドリンク的な存在”と聞いて、なお驚いた。なんとも頼もしいみそ汁だ。みそもかつお節も、時間と手間暇、愛情をかけて丁寧につくられる。お茶を注ぐだけで、一瞬にして食材の恵みをダイレクトに味わえる。なんて私たちは幸せなんでしょう!
(MISODO) 
 

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。