女の生き様を颯爽と描いた平岩文学の傑作『女と味噌汁』

舞台は昭和40年頃。東京・新宿に近い花柳界、弁天池。主人公の芸者・千佳子は、さまざまな人間トラブルを料理の腕を活かし解決する一方で、みそ汁屋を開く夢を抱く。幸せな結婚に憧れる普通の一面もあり、現代にも通じる女の生き様を描いた作品。1965年テレビドラマ化され一世を風靡した。読みやすい新装版。

女と味噌汁』集英社文庫

関連記事

  1. 大人も子どもも楽しく学べる写真絵本『みそができるまで』

  2. 『ごはんとおかずのルネサンス〜心嬉しい炊き込みご飯と味噌汁編』

  3. 具たっぷり&塩分控えめ『安心みそ汁365 認知症予防にはコレ!』

  4. 松生恒夫監修 味噌レシピで「腸内リセット」

  5. みそ汁はおかずです

    みそを愛する料理家・瀬尾幸子著『みそ汁はおかずです』

  6. 第1回講談社ラノベ文庫新人賞 大賞受賞作『魔法使いなら味噌を食え』