バリエーションが無限に広がる! 山高味噌「カレー味噌」

「匠御膳」や「秘蔵」などの銘柄で知られる山高味噌は、1911年の創業以来、最先端の技術と伝統の技を融合させ、高品質の味噌をつくり続けている。「新しい個性的なおいしさづくり」をスローガンに商品の研究開発を進めているが、このたび新発売された「カレー味噌」が注目を浴びている。

天然醸造味噌も使ったベース素材に、香りが引き立つスパイスを加えたカレー風味の調味料で、これ一本で味付けが決まる優れもの。チューブタイプなので、取り出しも簡単。まろやかな辛みの中に味噌の旨味とコクが冴え、カレーや豚汁、野菜炒め、タンドリーチキンなど、変幻自在にアレンジできる。化学調味料無添加、グルテンフリーもうれしい。

「この製品は、社員からのボトムアップ提案商品で、開発担当・企画担当共に力を合わせ、今までにない未知の商品をつくり上げてくれました」と矢崎勝仁社長。「国民食」ともいえるカレーの新たな楽しみが、味噌で広がりそうだ。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。