酢みそでパクリ、熊本名物ひともじのぐるぐる

「ひともじのぐるぐる」とは、分葱(わけぎ)をさっと茹で、根元を軸にぐるぐる巻きつけたものに、ピリッと辛子がきいた酢みそをつけて食べる熊本県の郷土料理。熊本では分葱を一文字(ひともじ)と呼び、ぐるぐる巻くので、この名前がついたといわれている。約200 年前の肥後細川藩六代目藩主・細川重賢公の時代に、藩財政が厳しい中、安くておいしい酒の肴はないかと考案されたのが始まり。以来、県民の「大人の味」として親しまれてきた。馬刺しやからし蓮根とともに、熊本を代表する味となっている。

一文字の旬は春と秋の2 回。寒くなるほど甘みが増しておいしくなる。上品な風味が特徴の熊本の一文字は、薬味などで重宝されているが、普通の分葱はどこでも年中手に入るので、定番のおつまみとしてマスターしたい。甘味、辛味が調和したあっさりとした風味は、一度食べたら病みつきになること間違いなし。焼酎との相性はピカイチだ。分葱はゆで過ぎると色が悪くなり甘味も消えるので、サッと茹でる程度で、すぐに氷水で冷やすとよい。おすすめの酢みそ(2 人前)は、白みそ大さじ2、酢大さじ1、ねり辛子小さじ1、砂糖小さじ1。

Hitomoji no Guruguru, a specialty of Kumamoto, is prepared by boiling green onions briefly then rolling them up from the bottom,which you have with a vinegared miso with a slight tang of mustard.

関連記事

  1. 大女将秘伝の味噌

    日本の旅館の味を世界に届けたい!旅館山城屋「大女将秘伝の味噌」

  2. 深島みそ

    南海の楽園に伝わる魅惑の深島みそ

  3. 【ご当地味噌グルメ】パンチの効いた味噌ダレが決め手 鳥取「ホルモン焼きそば」

  4. 【ご当地味噌グルメ】夏野菜をかしこくおいしく「ピーマン味噌」

  5. 【ご当地味噌グルメ】京都の伝統的菓子「葩餅」

  6. だんご汁

    【ご当地味噌グルメ】中秋の名月には広島の「だんご汁」