桶をレール運搬!?小田原の加藤兵太郎商店

加藤兵太郎商店

小田原市にある加藤兵太郎商店は、「いいちみそ」の名で知られるみそ蔵で約170年の歴史がある。厳選された国産原料と箱根山系の地下水で仕込み、80年以上使用している木桶でみそを熟成させるのが特徴だ。長年使用した木桶には独自の菌がすみつき、特有の味とコクを醸し出す。

加藤兵太郎商店

場内には、木桶を運搬するための鉄道用の線路(レール)が敷かれ、約3tの木桶を移動させる際に使用しているという。

加藤兵太郎商店

一番人気は、さっぱりとした風味の「いいちみそ 白みそ」。地元の飲食店など、プロにも多く愛用されている。

まもなく七代目として後を継ぐ加藤篤さんは1984年生まれ。もともとIT企業に務めていたが、4年前、現社長である父・加藤公明さんが「自分の代で蔵を閉める」と言ったとき、それを惜しむ人々がたくさんいた。それを目の当たりにし、自分がなんとかしなければと一念発起した。

加藤兵太郎商店

1年ほど重点的に製造を学んだあと、広報、営業、販売など、会社全体を見るようになり、仕事は多岐にわたる。前職のキャリアを生かし、HPを一新、ブログを開設するなど、商品の周知活動に力を入れた。趣味はアウトドアで、カメラも得意な篤さんのブログには、野外で楽しむ「みそ鍋」など、みそを楽しむヒントが多く紹介されている。

そのほかパッケージのリニューアルにも着手。手乗りサイズの“超少量みそ”は、かわいい見た目が評判となり、お土産として大人気に。気がついたら、下がり続けていた売上を、4年でアップすることができた。

加藤篤さん

「この辺りにも昔はたくさんのみそ屋がありましたが、今はうちだけです。基本に忠実に、昔ながらの製法を伝承していくことを大切にしながら、若い感性を取り入れていく必要性も感じています。同じ思いを持った同業仲間との連携も強め、地域に愛されるみそ屋になりたいですね」。と加藤さん。

何事もトライ&エラーで体当たり。笑顔でみその未来を語る篤さん、顧客からは厚い信頼を寄せられている。

いいちみそ醸造元 加藤兵太郎商店
神奈川県小田原市扇町5-15-6
TEL/0465-34-7188

関連記事

  1. 藤本智子

    横浜ウーマンビジネスフェスタへ!

  2. 留学生がみそまる体験in中央情報専門学校(2019)

  3. 【ご当地味噌グルメ】なめろうをアレンジ  千葉「さんが焼き」

  4. ホシサン・熊本の自然を生かした味噌づくり

  5. 美噌元・横井伸仁さん「ストレスフルな時代だからこそ、味噌汁をもっと楽しんでもらいたい」

  6. JAPANSEA ACADEMY

    日本海の魅力を体感「JAPANSEA ACADEMY」