超絶カワイイ“みそ味”かき氷 ぱくぱく くもくま堂

京王線調布駅から徒歩6分。閑静な住宅街の一角にある「ぱくぱく くもくま堂」は、カワイイかき氷が食べられると話題の人気店。家族連れやカップルなど、連日多くの人でにぎわう。

ずんだやかぼちゃ、バナナなど、日替わりでさまざまなメニューが楽しめるが、唯一、定番で提供されているのが「黒糖みそくりぃむ(きな粉ver)」。

テーブルに運ばれてくると、「うわぁ~カワイイ」と口に出さずにはいられない見た目で、訪れた人々を魅了する。

ふわっふわの氷に、甘じょっぱいみそ風味と濃厚なクリームが絶妙のバランスで、さくさくと香ばしいクルミときな粉がアクセントに。耳の部分は塩味のきいたビスケット、目と口は甘く煮た小豆でできている。しばらく眺めていたいが、溶けてしまうので、写真に収めたらすぐに食べよう。

オーナーの橋本千津子さんは、もともと甘じょっぱい味が大好きで、「八丁味噌」のかき氷をつくってみたところ、家族や友人から大好評だったことから定番メニュー化した。「みそのかき氷?と、皆さんびっくりされますが、一度食べると癖になる味わいです。ぜひ一度食べてみてください」。週4、5日営業、詳しくはインスタ、ツイッターで確認を。

【ぱくぱく くもくま堂】
東京都調布市調布ケ丘2-1-8
TEL/070-4333-7264
営業時間/11:30~18:00
不定休

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。