“味噌汁兄弟”が美と健康をサポート テイクアウト専門店・大阪「鎌倉 おみそ善」

長谷川正宗さん(兄)・長谷川右京さん(弟)

「美と健康」をテーマにヘアサロンやエステ、ジムなどを50店舗以上展開するウノプリールグループが運営する、テイクアウトみそ汁専門店「鎌倉 おみそ善」は、大阪・江戸堀のオフィス街に店を構える。

「みそ汁の健康・美容効果に着目し、オープンに至った」と、同社代表の伊勢地亮さん。「いらっしゃいませ!」と元気に出迎えてくれたのは、“味噌汁兄弟”こと長谷川正宗さんと右京さん。同店の看板スタッフとして抜擢され、正宗さんが店長を務める。長谷川兄弟は、もともと父親が経営する洋食店で修行を積んだ経験を持ち、その技術がみそ汁づくりに生かされている。

みそ汁のメニューは全10種。みそは「白・赤・合わせ」の中から、好みや気分で選ぶことができる。実際に数社のみそ蔵に足を運び、長野にある喜多屋醸造店のみそを選定したという。

具材は厳選野菜のほか、肉、野菜、豆腐などをバランスよく取り入れ、これ一品でおかず代わりにもなる万能食。具がたっぷりと入っているにもかかわらず、ALL390円(税込)というお値ごろ価格。みそ汁のほか、おにぎりや惣菜も取り揃えている。出勤前や仕事帰りに気軽に立ち寄れるとあって、近隣で働くOLやサラリーマン、働くママたちに評判だ。

「みそはどんな食材とも相性がよいので、無限の可能性を感じます。これからも『体が喜ぶみそ汁習慣』を提案していきたい」と、正宗さん。美容業界からの出店に、みそ、食品業界内外より注目を浴びている同店。今後の展開にも期待が高まっている。

【鎌倉 おみそ善】
大阪市西区江戸堀1-4-21  日宝肥後橋中央ビル102号
TEL/06-6485-7112
営業時間/平日8:00~18:00、土8:00~14:00
定休/日・祝

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。