缶詰があればごちそう味噌汁

そのまま食べることはもちろん、ひと手間加えることで気の利いた一品として食卓に華を添えてくれる缶詰。安価で常備しやすく、普段のおかずに災害時に大活躍!近年、こだわりの高級缶詰や缶詰バーが話題になるなど世は缶詰フィーバー。お手軽なのに本格派!缶詰から広がる味噌汁の世界を紹介します。

意外と古かった!缶詰の歴史

缶詰は今や肉や魚、果物、野菜、ジュースなど、さまざまな食品に使用され、その数は約1200種類もあるとされている。普段の食はもちろん、長期保存ができるため、贈答品や災害時の非常食としても大活躍。缶切りが不要なイージーオープン蓋や、再シールが可能なリシールなどもあり、便利な缶詰が次々開発されている。食品用の包装資材の中で、最も歴史があるのが金属缶、つまり缶詰だ。外界とのバリアー性にすぐれ、空気や光線などを完全に遮断し、内容物を保護する。

また、熱伝導性が良いため、加熱殺菌が容易なことも大きな特徴だ。さらに加工性がよく、リサイクル性が高いこともあり、資源的にも安定している。クッキーの容器に初めて金属缶を使用したのは、イギリスのビクトリア女王といわれている。

食品の保存にブリキ缶を用いることを考えたのは、イギリス人のピーター・デュランドで、1810年に特許を得て1812年に世界初の缶詰工場をつくった。北極探検隊の食料としても利用され、このときに持っていった缶詰が数十年後に発見されたとき、中身には全く異常がなかったとされる。

日本で初めて缶詰が製造されたのは明治時代(1871年)、その後本格的に商業生産が始まったのは1877年からとされている。明治政府によって、北海道に日本初の缶詰工場ができ、この年の10月10日「サケの缶詰が初めて製造された日」を記念し、10月10日は「缶詰の日」に制定されている。

空前のサバブーム

昨年、日本の世相を反映した食を選ぶ「今年の一皿」(ぐるなび総研)で「サバ」が選ばれたことは記憶に新しい。最近では、素材やデザインにこだわった多彩なサバ缶が登場し、売り場を賑わせている。健康効果に加え、災害が多発し缶詰の重要性が注目されたことも大きい。

日本缶詰びん詰レトルト食品協会の発表によると、2018年はサバやイワシなどの水産缶は、前年比5.9%増の10.4万トンで、中でも「サバ」は、26.6%増の4.9万トンと大幅に増加するなど、人気の高さがうかがえる。サバの水煮を使ったサラダやパスタ、グラタンなど、多彩な料理に使われるようになり、サバ缶を使ったレシピ本なども多く出版された。

『サバ缶みそ汁でスルッとやせる!病気が治る!』 マキノ出版、780円(税別)
「サバ缶みそ汁」の健康効果を医師や料理家が解説した一冊。味噌の栄養価の高さに、EPAやDHAといった良質な油が含まれるサバを合わせれば最強のレシピに。生活習慣病や認知症の予防ほか、ダイエットやアンチエイジングにも効果が期待できるという。「サバ缶みそ汁」を常食し、「10kgやせた」「血圧、血糖値が正常化した」「シミ、シワが取れた」といった喜びの声が紹介されている。
【サバ缶味噌汁】(2人分)
水…300ml
サバ缶(水煮)…1缶
味噌…大さじ2
ねぎ…適量

①お鍋に水を入れ沸騰させる。サバ缶を汁ごと加え、食べやすい大きさに崩す。
②味噌を溶かし、ねぎを散らす。
※お好みでしょうがを加えても美味。
加藤篤さん(写真右)

加藤兵太郎商店・七代目加藤篤さんが伝授
汁ごとで出汁要らず!
アウトドアにも最適のさば缶みそ汁

神奈川県小田原市にある味噌メーカー・加藤兵太郎商店七代目の加藤篤です(写真右)。アウトドアが趣味で、休日を利用しては、登山によく出かけています。暖かい季節でも山頂は真冬のような寒さのことも多く、体を温めてくれる味噌汁は最高です。中でもイチオシは、簡単にできて、食べ応えも抜群のサバ缶味噌汁です。

山での調理のポイントは、サバ缶の「汁」を上手に活用することです。水煮の汁が魚から出た出汁になっているので、まるで寿司屋で食べるあら汁みたいな風味に! 別途出汁を用意する必要がないため、極力荷物を減らしたい登山やアウトドアにはもってこいです。山では料理がすぐに冷めてしまうので、少量ずつ取り分けるのが鉄則です。

加藤兵太郎商店では、約170年前の創業以来、厳選した国産原料と箱根山系の地下水で仕込み、昔ながらの木桶で熟成させています。長年使用した木桶には独自の菌がすみつき、特有の味とコクを醸し出します。さっぱり風味の「いいちみそ 白みそ」が一番人気ですが、サバ缶味噌汁には、深いコクのある「赤みそ」がおすすめです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
https://miso-press.jp/hito/manufacturer/736/


味噌とトマトで旨味UP「トマト風味のオイルサーディン味噌汁」
(深いコクが出る赤味噌がおすすめ)

(2人分)
だし汁…1カップ
味噌…大さじ2
オイルサーディン…60g
ホールトマト…300g
にんにく…1/2片  ※すりおろす
パセリ…適宜

①だし汁とトマトを缶汁ごと入れ沸騰したら、にんにくと油を切ったオイルサーディンを入れて温める。
②味噌を溶き入れる。お好みでパセリを散らす。
ほかほか濃厚クリーミー「味噌クラムチャウダー」
(やさしいテイストの白味噌がおすすめ)

(2人分)
だし汁…1カップ ※コンソメでもOK
豆乳…1カップ
味噌…大さじ2
アサリ(水煮)…60g
たまねぎ…1/4個
にんじん…1/5本
じゃがいも…1/2個
ベーコン…2枚
小麦粉…大さじ2
バター…10g
塩・こしょう…少々

①たまねぎ、にんじん、じゃがいも、ベーコンを1cm角にカットする。
②バターで①を炒めて、しんなりしてきたら小麦粉を加える。
③だし汁を加えひと煮立ちさせたら、味噌を溶き入れ、アサリと豆乳を加えて温める。塩、こしょうで味を整える。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。