ドムドムハンバーガー「みそたく」

ドムドムハンバーガーは、全国に29店舗展開するハンバーガーチェーン。同店の新メニューで話題を集めているのが、「みそ」と「たくあん」をメイン食材とした「みそたく」だ。毎年社内で実施しているメニュー公募企画で47点の中から選ばれたもの。

一度聞いたら忘れられないインパクトのあるネーミング。「キムチとみそで“きむたく”もつくってほしい!」「スープはみそ汁にしたら?」など、ネット上でも話題となっている。

ふんわり柔らかいバンズに、香ばしく焼いた豚肉や 目玉焼き、キャベツが入ったボリューム満点の一品。甘みのある白みそソースとたくあんのコンビネーションが、これまでにない味わいだ。

家庭料理の「豚みそ」では、赤みそや麦みそが使われることが多いが、あえてやさしい甘さの白みそをチョ イスした。たくあんは、風味や食感に特徴を出すためだけではなく、 酸味やコクをプラスし全体の味わいをまとめる役割も兼ねている。

また、クラッシュナッツの食感がアクセントになっているほか、隠し味にゆず果汁を加えることで、くどくならないように調整している。

「ドムドムハンバーガーは日本生まれのため、メニュー開発の際、和を意識することが多いのですが、みそは今回がはじめてです。みそとたくあんは、意外な組み合わせかもしれませんが、自信作ができました。今後もみそとハンバーガーの可能性を探っていきたい」と開発担当者。今後のみそメニューにも期待が高まる。

「みそたく」(単品税込430円)は、全国のドムドム ハンバーガーにて期間限定で販売される。無くなり次 第終了のため、お早目に。取り扱い店舗はHPを参照。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。