【ミソガールマリ】アメリカレポ

ミソガールのまりりんです。ただいまアメリカに留学中です。ご存じアメリカは、世界各国の移民が住んでいる国。語学学校に通っていますが、カルチャーショックを受けることもしばしば。刺激たっぷりな日々を送っています。

日本のみそ輸出国として、ダントツNO.1 を誇っているアメリカ。みそが初めてアメリカに渡ったのは、1868年(明治元年)だそうですが、近年、日本食やマクロビオティックの流行もあり、みそも大いに期待されています。アメリカに到着して真っ先に向かったのは、ウォールマートやクローガーといったアメリカ人がよく利用する一般的なスーパーです。胸を躍らせてスーパーに足を踏み入れたものの、生みそを見つけることはできませんでした。惣菜コーナーで、インスタントみそ汁を発見。

気を取り直して韓国系のスーパーへ行ってみると、日本の調味料はだいたい揃い、みその品揃えも抜群でした。みそが現地の人々の生活に入り込むのには、どれくらい時間がかかるでしょう…。

そこで、アメリカ人がみそのことをどれくらい知っているのかを調査すべく、学校の先生方にインタビューを実施。

日本食に関しては、「健康とおいしさを両立しているところが素晴らしい」「見た目の芸術性、寿司や鉄板焼きなど目の前でショーのようにつくるのが好き」など反応は上々でした。みそ汁は、「健康的でおいしい」「サラッとしていて、サイドディッシュとして楽しめる」と好印象でしたが、そもそもみそ汁を知らない人も多く、認知度は半々という結果になりました。

しかしながら、先日、学校で日本食やみそについて発表(プレゼンテーション)したところ、原料やつくり方といった、熱心な質問もあり、注目度の高さを感じました。

「日本食は健康的でおいしい」というイメージが強いのはありがたいこと。本当においしいみそ汁の味を知れば、きっとみそファンになってくれるはず!ミソガール、これからもがんばります。

宮内真理●プロフィール
1988 年埼玉県生まれ。2016 年よりミソガールとして活動開始。世界中に日本の魅力を伝えられる人になりたいと奮闘中。

関連記事

  1. スーパーの味噌売場

    スーパーマーケットの味噌、どうやって棚に並ぶ?

  2. 味噌漬けがミソ。炊き込みご飯も味噌味がオツ!

  3. ミソドレ♪で奏でる野菜のハーモニー

  4. 佐渡市「トキ米応援大使」プロジェクト

    「朱鷺米応援大使★奮闘記」北沢地区施設群

  5. 香川といえば〇〇〇とおでんがセット

  6. ふくしまの酒まつりに向けて