貴重なお手製みそに出会うの巻

久しぶりに、厚木の畑に行ってきました。

元の家の山本社長、モリクボさん、ありがとうございます。

モリクボさんがつくった貴重なお手製みそと安納芋のみそ汁。安納芋が今年は甘くなくてね…、とおっしゃっていましたが、十分、甘くて、ほくほくおいしい!!!でも、気候や環境によって、毎年作物のできが変わる。自然を相手にするということは、想像以上に大変なことがあるのだとお察しします。

みそは、半年前ほどに仕込んだそうで、まだ少し塩かどありますが、これはこれであっさりした若い感じがおいしい~~!!同じ材料で仕込んだとしても、家庭によって味が変わるみそ、不思議ですね。これぞ、手前みそ!!


関連記事

  1. ミソガール

    カレーにみそはテッパンです

  2. 佐渡市「トキ米応援大使」プロジェクト

    「朱鷺米応援大使★奮闘記」佐渡金山

  3. 目指すはバキバキbody?みそは私のプロティオス

  4. 渡邊敦光先生に学ぶ!ミソガール勉強会

  5. 山梨テレビ「ウッティタウン6丁目」生出演

  6. 東京農業大学・東和男先生がジャパン味噌プレス編集部へ